« July 2010 | Main | March 2011 »

婚約指輪を買いました。

木曜日の話なので少し時間がたっているのですが、婚約指輪を買いました。ヽ(´▽`)/
うれしいもんです。その日は彼女とにやにやしながら帰ってきました。

彼女は婚約指輪は別になくても良いとは言ってくれていたんですが、一生に一回しかない機会にせめて人並みに幸せな体験をしてほしいなと思って是非買ってもらうことにしました。

指輪の良し悪しの見極めは今ひとつよくわかりませんが、指輪探しもやってみるとなかなか面白いもので、いくつかお店や百貨店、ブライダルのイベントをめぐったりしました。

実際に行ってみて思ったのが一概に宝石店といってもにもこだわりのポイントが様々あるのだなということ。
お店のつくりや接客態度についても高級感を演出したり、アットホーム感を大事にしていたり、老舗の安心感を大事にしていたりとそれぞれ。

また、指輪自体の差も様々ありました。
ダイアモンドの4Cの中でも何を大事にしているかで取り扱っている石の質に違いがあったり、技術的な違い、例えば少ない接点で石の留めることで石がより輝くよう工夫を凝らしたり、リングのプラチナの鋳造工程を変えることで丈夫な仕上がりにしたり。
一言で婚約指輪と言っても買う人のニーズに合わせて様々なサービスの形態があるようです。

片や、百貨店も負けていない様子。百貨店ではブライダル向けの会員を設けているところが多く、日頃よくお世話になっている池袋の西武ではブライダルエントリーなんてものがあって、これに入会すると買い物時のクラブ・オンカードのポイントが割増で付与されたり、指輪が少しお安くなったりとするようです。
新婚家庭ってのは出費がかさみますが、逆に百貨店からすると良いお客さんなのでしょうかね。
その他にも、多種多様なブランドを短い時間で眺めることができるのもメリットだと感じました。

最終的に僕たちは銀座の天賞堂にて購入しました。
いくつかお店を巡っていたのですが、それぞれ良さがあり決められないねとなっていたところだったのですが、ブライダルのイベントで見かけて気になっていたこともあってお伺いすることにしました。

お店の佇まいとしては、派手さや高級な雰囲気があるわけではないのですが、昔から続けている老舗の底力でしょうか。とても良い品を扱っていました。見た目ではわからないものだなと思いました。
石の鑑定の結果ひとつをとっても、どこの鑑定所に頼むかで甘い辛いがあり、鑑定結果に差があるとのこと。誠実な仕事とはパッと見ではわからないことが多いですが、このあたりにも手を抜かずに信頼を積み重ねてこその老舗なのだと思います。

接客にあたっていただいた方は50過ぎくらいのそれほど押しの強くない上品で控えめな男性でした。
品物自体の魅力ももちろん良かったのですが、この担当の方自身が自信を持って良いものを薦めてくれていると感じることができたことというのが、僕達が自信を持って決断するための後押しになったと個人的には思います。高い買い物ですからそういう後押しは大事ですよね。

あと、お店に行くタイミングも大事だなと思います。石の品質、素材と価格とのバランスや、ベーシックなデザインとはどんなものなのかが分かってきてはじめて、自分にとっての良し悪しの判断がつくようにも思います。

まだ受け取っていないのですが、出来上がった指輪をつけてくれるのが楽しみなのと同時に、これから無事に無くさずにしまっておけるかが心配です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | March 2011 »