« July 2007 | Main | September 2007 »

初物づくし

今日はめっちゃ初体験デーでしたよ。
まずは初新丸ビル。やっぱお盆最終日ってことでかなりこんでましたよ。
初新丸ビルだったけどあんまりうろうろせずにお酒飲めそうでランチ食べられそうなとこに直行。

丸ビルよりも値段は高いって聞いてたけど、実際いってみるとやっぱ高め。高校時代の友達とランチで飲んだくれてたんだけど\4000弱しました。うーん、そんなんでも人がいっぱいいたってことは世の中景気良いね。

その後その友達を見送りってことで羽田空港。
実は羽田も初めてなんです。国内線で飛行機乗るのってホントないし。ってことなのでこっちも初体験でした。
羽田でもバーっぽいところで飲んだくれ。3杯くらい飲んでしまいました。最後にたのんだラスティーネイルで酔っ払ってしまいました。
ふふ、真昼間から酔っ払うのって気持ち良いなぁ(笑)

その友達とは年末以来ぶり?に久しぶりに話したんだけど、なかなか今の暮らしを楽しんでいるようで良かった。残り少ない学生生活ってことで存分に楽しんでくだせぇ。

やっぱどんなときにもそのときにしか出来ないことってあるから、それを思いっきりやるのが良いと思うね。
んで俺は今の自分にしか出来ないことを存分にやりますよ。まぁ仕事ですけど、2年目の俺だから出来ることもあると思うのね。経験つむのが何事もプラスに働くわけじゃないと思うし。

それと、日本って狭いなって思った。
搭乗口で見送ってその後電車で渋谷に行って本を物色してるうちにその友達は札幌着いてるわけですよ。
こんな狭いんだし東京だけじゃなくてもっと日本中で活躍したいと漠然と思ったり。

なんだろ、俺の昔を知ってる友達ってのは新しい友達とは違う感情を喚起してくれるのかもって思う。
新旧どっちも大事だけど、友達を通じて昔を思い出したりすることで今の自分だったりその先の自分を考えることが出来たりするし。そういう意味でも今日はとても意味のある時間をすごせました。
サンクス。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

脱陸サーファー!

"だつりくサーファー"ではありません(笑)

生物が海から陸へあがり、その後600万年前から続く人類進化の様相からまさに逆行しようとすべく、ワタクシ本日陸を離れることに成功いたしました!
@九十九里。on the サーフボード!

見事としか言いようがないテイクオフにより、サーフボードと共に波の上を駆け巡りましたー!
というわけにはいかないのが現実。散々飲みましたよ。塩水。
一瞬立つくらいはすぐに出来るんだけど、ふらふらとよろけて水にボチャン。
10本くらいしてからようやくちゃんと立てるようになったんだけど、それでもかっこよくないわけですよ。
やっぱりそう簡単には行かないみたいっす。

初心者レッスンを受けた中に50歳のおっちゃんもいたりして。この年から挑戦、すごいなぁと。
見た目もほんとどこにでもいそうなおっちゃんで、でもなかなか上手に乗ってました。
自分もやりたいことはもっとやってみようかなと。50歳からサーフィン始めるかっこいいおっちゃんもいるわけだし。

九十九里ってことで帰りは魚も食べてきました!
いわし、サンマのお刺身。九十九里はいわしがよく獲れるらしいですよ。
やっぱりうまかったー。やっぱりとれたての新鮮な魚はうまい!

天気は曇ってたり、帰りに電車間違えたりとありましたがそれでも全然OKなNiceTripでした。
空が晴れてたら星もきれいなんだろうなぁ。

あ、今後、合コンではサーフィンが趣味ってことでいきたいと思います!(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

働く理由

先週末買った「働く理由」という本があるんですがこれがなかなか良い。先週末に半分以上読んだんだけど昨日からその続きを読んでいます。
各分野で功績を残した先人の言葉を掘り起こして、働くこととは、生きることとはといったことに対しての考え方を提供してくれています。
上述のような話題は共通の正解がないけれども、でもその中でより良い生き方を模索していくための正解に近い解を追い続けなければ日々の繰り返しが向上していくことはないと思います。
その正解を求めるための基準だったり自分を省みるための比較対象となるものとして、先人達の考え方があると思います。

"行動は恐怖を消してくれる。行動に移ろう。
 待っていてはいけない。
 100%準備ができているなんてことなんてないんだから"

アメリカの作家の言葉ですが、たぶん、仕事をする前だったらわからなかったことだけど、今の自分だったらこれが結果を出すために不可欠な考え方だということがよくわかります。
松下幸之助の「道をひらく」の中にも同様の考え方がありましたが、7割の準備で走り出して問題にぶつかったときに解決策を考えていたほうが結果として多くの壁を越えられると思います。
大きな問題を解決できるかどうかは最初の決断のみで決まるものではなく、むしろ日々の改善や軌道修正で目標としていたゴールへ誘導していくことによるのだと思います。

他にも
"人生は高校野球ではない。
 負けても、負けても、先へ進める。"

"愚か者は、幸福がどこか遠いところにあると思い込んでいる。
 賢い者は、幸福を足元で育てている。"

今の自分がなんとなく思っているような考え方だったり、言われてみれば目からうろこの考え方、もしくは同意できない考え方いろいろあると思いますが、先人達の目線で目の前の状況に取り組んでみたら今までとは違う結果が待ってるかもしれないです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神宮外苑ビアガーデン

久しぶりに飲み会の幹事やりました。@神宮外苑ビアガーデン
幹事やるのたぶん今年初!もうチョイ頻度多くしていかなきゃなと反省しつつ、今年の後半はもう少し加速させて昔の付き合いとか掘り起こしていこうかな。

バーベキュー食べ放題とビール(とそのほかの飲み物)飲み放題。
いいですよ。神宮外苑花火大会の日なんかホントお勧め。花火見ながらお酒飲んで肉食べてってかんじです。

今日はMRIのみんなと飲み会。出会ってからはや3年。早いもんです。
今日読んだ本に"偶然はつかみいく姿勢が必要"って言うことが書いてあったけど、このつながりは俺が前のめりになってつかんだ最高の偶然だと思います。なんてね。
あ、結構本気で思ってます(照)

大学院一年目の夏に参加したインターンシップのつながり。毎度毎度一緒に飲んだり遊んだりしてよくも飽きないなと思うけど、それでも楽しいんですねぇ。
みんなで会うだけじゃなくて、みんなが各自個別で会ったりと縦横にみんな仲いい。
大人になるとそんなつながり作れる場所が少ないだけに、とても楽しく貴重でありがたい。

こうやって感謝できる場所があるから次からもまた頑張れるわけですよ。
また遊ぼうねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんとかなるさ

ありがたいことに最近はこんな気持ちでいられます。

ピンチになっても動揺しなくなりました。これまでかなり厳しい局面に対峙しても解決できなかった問題がないので、その経験に裏打ちされた"なんとかなるさ"。
これがあればホントになんとかできるわけです。必要だったのは能力云々ではなくて、自分の能力で十分問題を解決できるという自信。

あ、もちろん努力はしてますよ。人一倍どころか二、三倍は。
でももっと大事なのは気持ち。努力を生かすには自分の努力を前向きに肯定できるメンタルが大切だと思うわけです。
そんなことを思うわけです。

あ、今日自分がプロジェクトを担当している会社の担当者さんにめっちゃ感謝されました。たいしたことしてないんだけど、柄にもなく嬉しくなってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »