« May 2007 | Main | July 2007 »

survived

この一週間、ようやく岸に泳ぎ着いた、そんな感じです。
もう月曜日が遠くに霞んでしまっています。

成果としては現在望める完璧に近い。良いときの自分を全部出せた感じです。
お客さんとの2回のMTGとそこでの業務シナリオプレゼン。加えてお客様とサシで機能検証、その他もろもろの折衝をほとんど一人でこなしてきました。プレゼン前は吐きそうになるほどのプレッシャー。
準備が間に合わずに夜中の会社で一人でわめき散らしたりしてた自分を考えると想像できないほどの結果。

毎日こなすべきタスクをいかにしてこなすか、それだけを考えて頭を絞って体に鞭打って何とか今日の土曜日。
息を止めながら全力でダッシュして、ようやく息が吸えた。
ただ、プロジェクトのスケジュールを作り直してくれたり、会社から資料を準備して送ってくれたりとバックアップしてくれた先輩にも感謝。それがあって成し遂げられた綱渡りでした。

お客さんの満足度も先週末に比べると格段に高い。状況もかなり好転した。何とかプロジェクトを進めていけそうなそんな予感。
ただ、来週控えているリスクを考えると、若干期待値をあげすぎている気もするので、満足度は下げずに期待値を抑えていかないと。今週末はその策を準備しておこうと思います。

その代償はこの1週間で6日会社に泊まったことか(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

そろそろ本気で

死んでしまうのではないか、と思う今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今週末会社二連泊

漢字ばっかなので麻雀の役みたいですが、俺の今週末です…。
勤務時間夢の大台400時間も現実味を帯びてきました。今月休んだの1日だけだし。
マックの時給とイイショウブ(笑)

さっき、会社の給湯室ででワイシャツ洗いました。今、扇風機に当てて乾かしてます。
ええ、明日の朝からお客さんとのミーティングですから。

そういえば、土曜日に少しだけ時間をとって、某転職エージェント会社へ行ってきました。なんちゃらネクストっていう転職サイトもやっているとこです。
別に現状不満あるわけじゃないけど、会いたいって言われたんで。
エージェントとネクストの収益モデルの違いに関する考察をしてみたんだけど、書きしるす元気がないので後日気が向けば。

コンサルタントとサシで2時間。なかなかできない体験だったんで、面白かったですよ。危機感を煽ってきたりと、気持ちを揺らがせてみたりしてなかなかのやり手でした。
きっと彼らのフィーは転職させた人の数と直結してるだろうから、俺が興味を持つところは無視で、俺が入れそうなところばかり押してきました。
そういえば新宿の英会話学校の勧誘も就職氷河期だとか何とか言って煽ってきたような。その時はTOEICが900点以上で、海外で暮らしてたということにして相手を蹴散らしてきたような気がしますが。
今回も会社は違えど相手の手口は一緒みたいです。

さてプロジェクトも佳境です。カットオーバーの瞬間に生きていれば満足かな。
週末くらい少しでいいからお茶飲みながらゆっくり本が読めるような時間が欲しい。

ただ、この4ヶ月くらいで、1年分くらいいろんなものを吸収した気がします。間違いなく人生史上最難関の局面だけど、得られているものもそれに近いかなと。
躁鬱が激しいけど、なんとかのりきらねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

親父の生き方

眠れない夜にはいろいろと考え事をしてしまいます。
スガシカオの夜空ノムコウなんかを聞きながら。

去年タイに行ったときに、現地で働く父親の友人と夕食を一緒にとらせてもらったときのこと。
少しだけですが父親の若いときの話を聞かせてもらいました。父親とは面と向かっては恥ずかしさもあってそういう話をまだできないんでとても新鮮でした。

名古屋に越してくる前は昔は父親も東京で働いていたんだけど、お金がそんなに無いころでその友人と部屋を共有して住んでいたことだったりとか、会社勤めの後に神田の英会話教室へ通って英会話を勉強しに行ったりだとか、そんなことを聞かせてもらったことを思い出しました。

海外に一人で行って英語の商談をこなして帰ってきたり、そのくらいのことをやってのける父親です。父親の育ってきた家庭環境も恵まれていたわけでもなく、不自由なく勉強できるといった状況には無かったんだけど、それでも努力して自分で道を切り開いてきた、
決して流暢に話すわけではないけど、その根っこになるような部分をこの頃の父親は苦労しながらこしらえていたんだなと思うと尊敬してしまいます。
こんなことを思うと、当然なんだろうけど父親も将来のこと自分の目標をやいろいろと考えていた一人の人間だったんだなというように感じさせられました。もしかしたら俺が思い悩んだりしたようなことで父親も苦しんだりしたのかな。

そこに想いが至った背景こそ違うけど、東京で誰か他人と成長のため一つ屋根の下住んでみたいと思っている自分がいたり、週末に通える英会話学校を探そうかと考えている自分がいたり。父親と自分は全く違う人間だと思っていたけど、やっぱり自分は父親の血を受け継いでいるんだなと思います。

今の自分は当時の父親よりもきっと恵まれた環境にいると思います。だからこそ、父親を超えられるようなそんな自分になれたらと感じました。

♪あのころの未来に ぼくらは立っているのかなぁ…
全てが思うほど うまくはいかないみたいだ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロングツーリング

今日は天気も良くてツーリング日和だということで、少し遠出してきました。
特に目的地は無かったんだけど、ぶらぶらとどこまで行けるか走ってきました。

武蔵小杉をスタートしてその後都内に出るまで少し走って、五反田→白金高輪→三田→芝公園→神谷町→霞ヶ関→桜田門→日比谷→御茶ノ水まで走りました。
途中、慶応の三田校舎の前を走ったり、東京タワーを正面に見ながら走ったり、霞ヶ関の官庁街を走ったり、今までしたことの無い遠出でなんともいえない気分です。

長い時間ずーと走っていると、考え事ができて良いもんです。ホントは考え事をしながら走るなんて良くないんだろうけどね。
ものを考えるときに問題を解決する前提で考えているかなぁ、○○がないから解決できないとか、××じゃないからできないとか、そういった考え方をしていないかなと。ちょうど皇居のお堀の脇を走っているときの考え事。

あと、漠然としているけど、物事は経験するとしないとでは雲泥の差だななんてことも。実際に自分でやってみるということが何よりも大事なこと。自分で新しい環境へと飛び込んでいくことだったり、目新しいことを何でもやっていくこと。
しかも、自分よりも熟達している誰かと一緒にやるとさらに良い。経験することから得られるもののほうが質も量も良い。さてさて、教えてもらうだけの謙虚さが自分にはあるだろうか。

あ、帰りには銀座も走ってきましたよ。昨日買い物をしてきた松屋の前を原付で通るとなんとなく不思議な雰囲気。いつもは歩道側にいるのに逆だなあぁと。

脈略が無いけど今日思ったこと。どんな小さなことでもいいから、毎日何か新しいことをしてみようと。自分の中の常識を小さなところからでも壊してみる。壊すことの恐怖に慣れたらもっといろんなものを広げられるんじゃないかなぁと思うから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SPIRYTUS

昨日からお酒がマイブームです。
会社の先輩に貸してもらったバーテンダーという漫画が思いのほかヒット!金曜、土曜と連日夜中から明け方にかけて読んでしまいました。

んで、そんなこともあって急に果実酒を作りたくなってしまったわけです。
実は、去年の春に初めてプラムで果実酒を作ってからなんとなく興味は持っていたわけですが、漫画をきっかけにもう一度やってみようと。

夜中のスーパーでびわとさくらんぼと氷砂糖を購入。しめて3000円弱。チョイ高い(涙)
せっかくなのでお酒も凝ったものにしようということで、昨日銀座までお酒を買いに行きました。
銀座まで行かなくても売ってはいるんだろうけど、良いものは銀座、なんていう安易な発想で行ってきました。

父の日フェアということでお酒売り場もごった返している中、銀座松屋へと。
今日見てきた感触だと、プレゼントにはワインとか日本酒とかが人気らしいです。とある母親と娘さんの二人組なんかは、
娘「あ、鍛高譚だ」
母親「まあ、こんなもんでいいでしょ」
なんていう、父親には聞かせられない会話をしていました(痛)

その後、メンズコスメのコーナーにいる店員さんがかわいくて、ついつい香水を買ってしまったりと出費もかさみましたが、無事にお酒を購入してきました。
そこで買ってきたのが、今日の日記にタイトルにもなっているスピリタス。ポーランド産のウォッカで、世界最高のアルコール度数で有名です。96度まで純度を高めるために70数回も蒸留を繰り返しているらしいです^^;

96度のお酒だなんて早々お目にかかれないし、面白そうなのでストレートで飲んでみることにしました。
が、すでにスピリタスを注いだコップを口元へ持ってくるだけで鼻に来る。アルコールが鼻に刺さる。これだけで酔えそうです。マジで。
興味本位で肌に塗ってみると、ひんやり。注射の前の感覚です。

飲んでみると、めっちゃ辛い!!口の中が熱い!飲む、というよりも口に入れると口の中の熱で蒸発していくのを感じます。だから、少し口に含んだだけだと、喉の奥に落ちていくというよりも口の中で勢いよく気化してしまって体の中にはあまり入ってきません。
そして、肝心の味ですが、正直言っておいしくありません(涙)味も苦味しか感じないし、後味も良くないし、香りもアルコールの香りしかしないし。
果実酒になるとどう化けるか楽しみではありますが…。

ちなみに、このスピリタスはおさけなのに"火気厳禁"だそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

I'm in KAISYA now…

日曜深夜26:00をまわっていますが、なにか?

ふぅ…。

さてさて、こんな週末の終りかただけれども、良かったこともありましたよ。

<土曜日>
すし食った!!最近秋葉原に行くことが多いんだけど、会社帰りに秋葉原のヨドバシの一階にあるすし屋で。
うまい!やすいし。その前にオムライス食べてたけど、普段と変わらない量を食べました。
値段安いんだけど、板前さんがちゃんと握ってくれるし、魚さばいてるところも見れるし、店の中に活気があって、店員さんも愛想よいし、良い店です。

水曜日にもお客様先へMTGへ行ったついでに渋谷のマークシティーのすし屋で食べてたし、最近はすしweekです。
貝類が好きだってことが最近わかってきました。あっさり目が好きになってきたのかなぁ。

<日曜日>
会社行きがてら田園調布まで原付ツーリング。
駅前にナイスなサンドイッチショップ発見!!かなりオシャレ感たっぷり。デート向きです。
写真も撮ったんだけど、まだEOSkissの中。

内装は一言でいうとオープンエアーな感じ。テラス席があって、店内の席も天井が高くて、そもそも天井がテント生地で光が透かして落ちてくるし、壁もウッディーなテイスト。

丁度うかがった時はすごく天気がよかったから、気持ちよく遅めの昼食をいただきました。
サンドイッチは具が選べるんだけど今日はローストチキンのサンドとタマゴサンドを注文。
どっちも味は良かったけどローストチキンのサンドが特においしかった!モンブランもよかった!

最近の楽しいことは食べたり飲んだりだなぁ^^;

さて、お仕事頑張りますか!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

環境が人を作る

最近とっても超ハード。
設計考えて、製品作って、お客さんに仕様を説明して…とやることてんこ盛り。それに加えて、お客様のシステムの環境もいじれるように、お客様先に伺ったときにサーバー触ってきて勉強もしたし。そのうちトラブル対応もするようになるだろうし、このお客さんのことなんでもやることになってしまいそう。
普通一人でやるものじゃない(ってか、3部署の仕事…)んだけど、でもそういうことになってしまってます。

それぞれについて量も質も正直自分のスペック超えてます。土日はバッファだって言うけど、もうそのバッファも残ってません。マジで。
ギリギリです。

ただ、ギリギリにならないと変えられないものとかあるし、この機会でさらに成長したいとも思ったり。
じりじりと押し込まれ気味で状況に対してネガティブな発言が増えたけど、もっといい意味で自分に変化を促したい。
習得できそうだなって思ってるのが、完璧主義をやめることと人に仕事を任せること。
全部自分でできる環境にいると人に任せてしまうよりも全部自分でやってしまいたくなるけど、時間的にも、精神、体力的にも追い込まれて余剰を作れなくなるにつれ人に任せざるをえなくなる。
今の状況くらい詰められないと変えられない部分ではあるので、これをチャンスと捕らえたい。

上っ面を取り繕うくらいなら一朝一夕ですぐにでもできるようになるんだろうけど、自分の根っこを変える作業ってのはそれだけの時間と労力をかけて自分の中にじっくりと刷り込ませていかないといけないと思います。
それにはやっぱり環境を変えてそうせざるを得なくするのが一番かなって思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

環八気持ちいいぜ!!

日曜の夜って良いなって思います。日付も変わった深夜に環八を(原付で)走ってきました。
というのも、今日は出かけるときに原付で田園調布まで行って、その後東横に乗って出かけたから。
まあくだらない、なんていわないで。こういう寄り道がすごく好きなんで。

その道で祭りを見かけました。この時期に珍しいなと思いながら少し眺めてました。
小さい子供用の神輿が出たりして夏祭りっぽい雰囲気。近所のPTAだったり、お店の人だったりが出店を開いてなかなかの活気です。
昔から住んでいる地域の人たちがコミュニティーを守っているんだなと。都会では廃れてしまった地域で活動するという文化が高級住宅街の田園調布でまだ根付いていることに驚きとともになんともいえない嬉しさを感じました。

そうそう、環八。
日曜の夜っていろんな人の活動が一番寝静まっていると思いません?だからか車の数も少なくて気持ちの良い時間でした。道幅も広いし、路駐もない時間だし。
少し風が冷たいんだけど、それも気持ちよくなるくらいに静かな街を疾走する気持ちよさを感じていました。

あと、夜に良く知らない道を走るのって冒険みたいで楽しい。
もしかしたら、このまま帰れなくなったりして、みたいな。会社の帰りにでも時々走ってみたら気持ちいいだろうな。

あ、父の日ギフト、何にしますか。
だいぶ気が早いけど今日買ってきてしまいました。母親のプレゼントに引き続き東急ハンズ。
なんか、ハンズって便利だなぁ。

何を買ったかというと、ビール作りセットです。
数年前から目をつけていて、いつか送りたいなぁと思っていたんだけど、社会人になったし、学生時代よりも高いものが送れるようになったってことでこの度ついにチャレンジしてみることにしました。
父親は手作りが好きな人(だと思っている)なので、手作り系のものを贈るとそれを楽しんでくれるんじゃないかなと。
お酒が好きな父親を持つ方はゼヒゼヒおためしを。

親に贈り物をするときに気をつけていることなんだけど、何か次につながるような、もらったことをきっかけにその人の暮らしが少し変わるような、おこがましいけどそんな贈り物ができたらなって思ってるので、こんなんになりました。

あと、今日はスタバの店員さんに素敵な人がいました。
お店の人に話しかけられる体験ってなかなか無いけど、あんなに気さくに話しかけられる人って素敵だなって思います。突然の出来事にキョドッちゃってうまく応えられなかったところもあったけど、こういうのいいなって思います。
昔、海外のカフェで店員さんとお客さんとが何か話しているのを見かけたのを不意に思い出しました。

土曜日曜両日とも仕事だったけど、こういうポチッとした良いことも良いもんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

深く深く

仕事始めて1年ちょいたつと、自分にとってどんなことが向いてるかとかそんなことも少しずつ掴めてくるようになりました。まだ、自分の仕事の範囲内においてって感じだけど。

昔は自分にとっての弱点をつぶすことに注力していたように思います。
中学生くらいの頃から自分の能力開発をぬり絵に例えて考えるようになったのですが、自分のとっての白地を色で塗りつぶしてくが如く、弱点をつぶしていこうとしていました。

ただ、いまの会社に身を置いているうちにその考え方も変わりつつあります。強みを生かしていかないと突出できないというような危機感(というほど深刻ではないのですが)を感じるようになりました。
こういう考えに至ったのは自分を取り巻く環境の変化、というのが一番の理由だと思います。

自分としては学生時代までは余力を残してもついていける環境を選んでた節があって、就職においてはそういう自分のスタイルが嫌になってこれまでのチョイスよりも挑戦的な環境を選んだつもりです。ステージを上げた、という感じだと思います。
そういうこともあって、かなわないと思うような才能を発揮している人と出会うことが多くなりました。

そういった環境の変化から、前述のように自分の中に突出した個性を求めるようになったわけですが、そのほかにもこういう環境に身をおいて良かったと思えることがありました。
自分にとっての強みをより強く意識することができたということです。
今の会社はいろいろな人が異なった才能を示している環境だと捉えていますが、そういった"そこそこの能力では通じない環境"の中で仕事をしていると、自分が培ってきたもののうちで何が通じて何が通じないか、といったところも見えてきます。

極端に弱く、ほかの能力の足を引っ張ると思うところは程々に補っていかなければいけないとは思いつつも、それよりも自分に才能があると感じていたり、特に強いこだわりを感じる領域にリソースを集中していくべきだと感じています。
自分にとっての強みだと思える領域は、物事の本質を見抜くことだと思っています。
これをうまく表現できないんだけどなんとなくのイメージで言うと、水が低いところに流れるように全ての現象や物事にはことわりが潜んでいて、その現象を実現していることわりに近接することかなと思います。自分的にはことわりに向かって"潜る"という表現がしっくりきます。
全ての原因と結果が収まるべきところに収まって説明されていることに気持ちよさを感じます。そういう点においてはシステムの設計というのは向いている仕事かもしれないと思います。

限られた時間といった制約条件の中で成果を出すことが仕事であるとは思うので、理屈を追求するだけでなく時には割り切りも必要だとは思いますが、誰も後ろから追ってこれないようなより深い思考の海へ、いままでよりもっと速く潜ることができるようになっていきたいなと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »