« January 2007 | Main | March 2007 »

坂の上の雲

今週末はずっとひきこもりingしてました!
その間でかけたのは土曜と日曜にご飯を買いに出かけたっきり。
週末家から出たい病にかかっている俺としては珍しいなぁと、そんな状況だったわけです。

んで、何がそんなに家にいることを楽しくしたかって言うと、小説です。
普段はふんわりした小説が好きなんですけど、今回読んでいるのは司馬遼太郎の”坂の上の雲”という日露戦争を中心にすえて描いた戦争物の本です。

実のところ今まで司馬遼太郎の名前は知っていたけど本を読んだことがなく、今回も人のすすめがあって初めて手に取りました。それがなければきっとむこう十年は読まなかったと思いますが、今となってはすすめてくれたことを感謝してるくらいに興味深い小説です。

話の筋としては明治維新後の日本が西欧のように列強化すべく日清・日露戦争へと流れていく様が、日露戦争で陸海両軍で活躍を見せる秋山兄弟を中心に描かれています。
全八巻からなる長編の話なんですが、史実の調査が細部にまでされていて戦場の臨場感を感じさせられます。さすが司馬史観といわれるだけある、筋の通った歴史の解釈がされていると思います。

必死に背伸びをして大国に対峙して列強と渡り合ってきた日本人という、今の日本からは想像できないような力強い人々が本の中で踊っています。それを支えていたのはその時代に生きる人々の意志の強さであったり、使命感の強さだったりすると思います。
外国語を学ぶ環境などろくにない中でも、外国へ渡り言葉を身につけ、それと同時に西洋の新しい考えを身につけて日本へ戻ってくる。それもそれほど長くない期間の間に。そうやって日本は強くなっていったわけです。
今の日本人は経済的にも情報的にもこんなに恵まれた環境にありながら、英語すら身につけることができない人が多く、世界で活躍できる人はほとんどいない。
その人が大成するかどうかというのは才能や環境もさることながら、その人の持つ意志ひとつの違いではないか、と思わされました。

また、さまざまな登場人物が出てきていて、そのなかには秀逸とされる人もいれば愚鈍とこき下ろされるような人もいる。旅順要塞の攻略にあたった乃木希典とその参謀の伊地知幸介はまさに後者であり、そういった司令官を将に持ってしまったがために旅順では多くの日本人が命を失うということにつながってしまった。
明治期の軍人の姿を通じて、将とはどうあるべきか、といったことを考えさせてくれます。

昨日、今日とでだいぶ読み進めましたが、まだ5巻途中。これからどういう形で話が終結していくのか楽しみです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

パパになりました。

内緒にしてましたが、このたびパパになることになりました。
元気な男の子です。まだまだ社会人一年目の大したことない自分ですが、そんな自分を頼りにしている人が思うともっとしっかりしなきゃと身の引き締まる思いです。
名前はジェデオンといい、今はコンゴにいます。

…さてと、そろそろちゃんと説明しないと。
先週の日記で、途上国で生きる子供を支援するというプログラムに申し込んだと書きましたが、そのプログラムで俺が支援する子供が上で書いたジェデオン君です。
昨日、会社から帰ると顔写真と簡単なプロフィールの書いてある書類が届いていました。色黒で唇がぷりっと厚めな典型的なアフリカの子供が写っています。小学校一年生だから年齢で言うと6歳くらいなのかな。お絵かきとサッカーが好きみたいです。

考えてみると不思議なもんです。数万キロ離れた遠い国で、きっと会うこともなかったであろう子供の暮らしと自分の生活とがつながっているわけだから。広くて大きい地球だけどつながってるんだなぁと。
誰かの暮らしのプラスになれるってことはなかなか良いものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

一日三善

自分で使い道の決められない税金だったり、皆のためにならない様な形での拠出は嫌いですが、自分が良いと思うことに提供するのはやぶさかではないです。ということでプチ慈善活動をしてみました。

一つ目
服を送ってみました。
少し前にネットをサーフィンしているときに日本救援衣料センターというNPO団体を見つけたのがキッカケ。
この団体は難民や避難民、被災者に衣料を寄贈するということを行っている団体で、着ない服がクローゼットを圧迫していて、それらの処分を考えていた俺にとってみればまさに渡りに船。
着ない服で喜んでくれる人がいればありがたい話です。

ちょっと難があるとすると送料がかかってしまう事。このNPOまでの服の送料と、NPOの倉庫から海外へ送るための船便の二つがかかってしまうのです。
興味を持った人のために参考までに送り方を紹介。寄贈の方法としては、ダンボールなりに着なくなった服をいれて特定の送り先に料金発送人払いで送る、これだけ。送れないものもあるのでその辺りはHPで確認してください。
そのあと、船便の代金を振り込めば終了です。

二つ目
チャイルドスポンサーになってみました。
ワールドビジョンジャパンというNGO団体があるのですが、その団体の主な活動が支援者が団体を通じて途上国の子供に対して定期的に支援をするというプログラムであり、それがチャイルドスポンサーシップと呼ばれるものです。

ぶっちゃけ、こういう慈善団体って慈善団体って言う体裁をとりながらお金を集めているだけっていうような胡散臭いところもあったりするのが事実で、だからなかなか踏み出せない気持ちもあります。
なので、今回もチョット心配になってはいるけれど、でもこれでホントに子供の暮らしが変われば素晴らしいなと思ってスポンサーになってみることにしました。支援している相手の写真が届いたりするとのことなので届くのを楽しみに待ってみようかと思います。

参考までに申し込みの方法を。といってもHPをみてもらうのが早いと思います。月々4500円なのでそんなに安いわけではないけど、もし興味があれば資料を取り寄せたりしてみてもらえたらなと思います。

三つ目
倒れている人を助けました。
ってか、これはホントにビックリしました。オフィスの1階から2階に上がるエスカレーターを上って行くと、目の前に二十歳くらいの女の人が倒れてました。なんじゃこりゃー!ですよ。さっきまで自分の目の前でエスカレーターあがってたのに…
自動車教習所で習った人命救助のページを思い出しながらとりあえず近寄ってみて、肩をたたいてみました。
"大丈夫ですか!?大丈夫ですか!?"
教習所ではこのあと人工呼吸までしたんですが、今回は無事意識があることを確認したのでホッとしました。

近くにいたその人の友達を呼んで来たりなんやかんやしてましたが、こういうときってホント冷静さを失うなー、って思いました。あわわー、どうしよ!ってな感じです。
とりあえず貧血のようだったので近くのお店で水を買ってきて、その友達に手渡してその場を引き上げました。今頃は元気を取り戻していることを祈ります。

参考までに救助の方法を、ってこれは善意に任せて動くのみです。あわわー、ってなったらとりあえず人を呼んできましょう。
いやーホントビックリしたー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アキハバラちょっとDEEP

とうとう買ってしまいました!ノートPC。
デザイン良し、性能良し、値段良し!の3拍子揃ったノートちゃんです。こいつです。

今日はお昼前から研究室の後輩にアキバ案内をしてもらいました。前回一人出来たときは雑多すぎてよくわからなかったんだけど、今日はナイスなナビのおかげで迷わずに済みました。

今日思ったのはアキバって面白いものがいろいろあるなぁと。
カキ氷のおいしい店だったり、武器の店だったり、オモシロPC関連機器がうっていたり。USBに繋いであったかくなるスリッパとかなんかそういうの面白くないですか?

一つ一つの店が小さいからこそたくさんのお店が秋葉原という限られた地域にいられるのだと思います。一つ一つのピースが小さいからこそ総体として画素の細かい多彩な絵が書けるんじゃないかな。ヨドバシカメラみたいな大きなピースが小さいピースに取って代わってしまうようになると秋葉原の色合いが画一的になってしまって、今みたいな面白味はないかもしれないです。
個人的には京都に似ていると思いました。路地を曲がると違った面白味がある、といった感じですね。

肝心のPCはまだ電源入れてません。デザインもキレイなので、もう少し愛でていようかなと。
表面は黒い光沢に枯山水を思わせる白くて細い波型の曲線の連続。まさにスタイリッシュPC。持ち運ぶには少し重いけど、頑張って持ち運び&カフェで仕事をしようかと思います。
目指せモテリーマン(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たすけて~!

メンタルタフネスって大事だなと思います。良い意味での図々しさ。
ぶっちゃけどんな能力よりも重要かもって思います。

昔から追い込まれると焦っちゃうタチで、テスト時間あと五分で出来てない問題イッパイ、みたいな展開だと問題文すら読めなくなってしまっていた始末。
で、今まさにそんな感じ。

新規開発案件を企画からまるっと投げられて、はじめはよっしゃよっしゃだったんだけど、やり残しのタスクがガンガンと目の前に積み重ねられていってもう動けましぇん、って言う状態。
あー、めっちゃカッコ悪いっす。こんなところ知り合いには見せられないよ。といいつつ日記には書く(笑)

仕事の締め切りが7月頭って決まってて、これはどう頑張っても動きそうになくて。んで、やらなきゃいけないことを7月から逆算すると全く時間がない。
それに気がついてからは毎日追い込まれたような気持ちになってしまっています。
今日も仕事してて何度ため息ついたことか。できねぇできねぇできねぇ…、って感じで。とにかくやんなきゃいけないんだけど、うまくいかない。1コ進むと1コ問題が出てきて。俺の段取りが悪いってのも、先が読めていないってのもあるんだろうけど。

落ち着いて、その一瞬に集中する&出来ないことがあれば出来ることからで良いからとにかく前に進む。
明日はこれを目標に頑張ります。出来ませんでした、では済まされない状況なので。

| | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »