« 楽しいクリスマス! | Main | とあるクリスマスイブの風景 »

読書日和

外が寒いと出掛けるのが嫌になっちゃうわー。
そんなわけで、昨日は一日中家にいて本を読んでました!
なので今日はその紹介。

一冊目は
"戦略「脳」を鍛える" 御立 尚資
いわずと知れたボストンコンサルティンググループのヴァイスプレジデントである御立さんが戦略発想の技術について書かれた本です。
質の高い戦略をハイスピードで繰り出していくには論理的思考力(左脳)だけでは足りない。右脳と左脳を効率よくコラボレーションさせることによって大胆かつ緻密な戦略が完成する。そしてその脳の使い方のイメージについて書かれています。
それに加えて、新しい戦略・発想をひねり出すときに用いることが出来る思考の常套手段も紹介しています。
今よりさらに発想を豊かにしたいと思う人は御立さんの知恵を借りてみるのもいいかと。

二冊目は
"究極のテクニカル分析" 黒岩 泰
フィスコの黒岩さんがその独自の理論について書かれている本です。
大げさに言えばこの本はテクニカル分析の羅針盤になりうると思います。出来高を用いた相場予想は論理が明快で、そのあとに続く窓ヒゲ理論も斬新。既存のテクニカル手法のみに頼らない姿勢からは相場について常に頭で考える黒岩さんのあり方が窺い知れます。
後半はファンダメンタルズ投資手法についても書かれているけれど、良くも悪くも著者はテクニカルアナリストだなと感じさせられました。

三冊目は
"2分以内で仕事は決断しなさい" 吉越 浩一郎
トリンプインターナショナルジャパン代表取締役である吉越さんがトリンプを18年連続増収増益へと導いたその秘訣であるスピード重視の経営を惜しげもなく解説しています。
吉越さんが常に信条としているスピード。その様子は1テーマに対し1~2分でけりをつけるというにわかには信じがたい毎日の早朝会議にも見受けられます。簡潔なコミュニケーションを実現している背景には日ごろから期限を意識した仕事への取り組みなり、情報共有の徹底なり、階層の少ない組織作りなりがあって、個人レベルから組織レベルまでが徹底したスピード化経営へとベクトルを向けています。
トリンプで試されトリンプを成功へと導いた手法・ノウハウを学んで、仕事の質だけでなく効率を追求できる人になりましょう!

なんて偉そうなことを書いてるんだろう(笑)
まま、読書の冬ってやつです。

|

« 楽しいクリスマス! | Main | とあるクリスマスイブの風景 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

1日で3冊も!?すごいね!!
速くない??

Posted by: えみ | December 24, 2005 at 01:45 PM

自主トレ課題が読書だからさ~。読まなきゃイカンのよ。
ホント朝から晩まで読んで、本読んでる以外は飯食ってるか寝てるかのどっちかって感じだったわ。

Posted by: あなっち | December 25, 2005 at 07:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61943/7803347

Listed below are links to weblogs that reference 読書日和:

« 楽しいクリスマス! | Main | とあるクリスマスイブの風景 »