« September 2005 | Main | November 2005 »

学祭行ってる?

さてさて学祭シーズン到来ですが、学祭行ってますか?
ウチの大学はたいした学祭やってないから気合も入らないんですが。
去年か一昨年はガッツ石松が講演に来てましたが、限定50枚配布のサイン色紙が余ったとか余らなかったとか…。そんな学祭です。

まあまあ、せっかくだからウチの大学の学園祭"みやこ祭り"のお知らせでもしようかなぁ。
首都大学東京(東京都立大学)で11月4~6日までやってます。京王相模原線南大沢駅徒歩2,3分ぐらいかなぁ。
目玉はなんだろ。今年は清水ミチコがくるみたい。う~ん、微妙か…。

あ、ウチの学校も今年からミスコンやるんですよ。今まではミスコンに反対する勢力みたいなのが大学にいたみたいでできなかったなんてうわさもありましたが今年からは違います。ミスコンがあるとなんか学祭っぽいよね。
候補者を見たら結構カワイイんだよねぇ。思わず、うちの学校にもこんな子がいたんだ!って思ってしまいました。あ、でもやっぱり文系がほとんどだったけど。どおりで見ないわけだ(笑)

あと、花火もやります!最終日の夜にやるんだけど、カップルにはウケがいいみたいなんでお連れさんがいらっしゃる方はどうぞ!季節外れの花火もこれまたおつですよ。

こんな感じかなぁ。
これを見てくれた方はコメント欄にでも自分の大学の学祭について書いてくれるとうれしいなぁ。それを参考にしてもしかしたら遊びにいくかもしれないから。
ヨロシク!

| | Comments (4) | TrackBack (2)

風邪について調べてみました

最近突発的にアクセス数が増えるときがあるんだけど、コリャまたいったい?
去年書き溜めた就活ネタを見に来てくれる人がたくさんいるみたい。"ボスコン"、"筆記"で検索する人が多いからそろそろそんな時期になってるんだなぁ。
もし今年就活している人が見ていたら、その模様を是非日記に残してみては?それを読んで役立てる人がいると思うし。

まあ、それはおいといて、今日も風邪です。
僕は風邪薬を飲まない人なんだけど、そもそも風邪は薬では治らないみたいです。
風邪のもととなるのはウイルスで、ウイルスに利く薬ってのはないようです。しかも風邪を引き起こすウイルスの種類も馬鹿みたいに多くて200種類ぐらいあるみたいです。

じゃあ、薬は何で飲むの?って話だけど、熱を下げるとか、せきを止めるとかそういう目的みたい。
でも、熱を下げるのっていいことばっかりじゃなくて、熱を下げると治りが遅くなっちゃいそうとか。熱が出るとウイルスの活動が抑えられて数が増えにくくなるらしいです。

そう考えると風邪ってどうしようもないじゃん!ってなるけど、実際どうしようもないです。寝るのみかな?
あ、色々お見舞いのメッセージとかもらっちゃって恐縮です。ありがとう!多分お見舞いのメッセージが一番いい薬になるのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TVガイド?

風邪が治りましぇ~ん。ごほごほ。
今日もすぐに帰宅です。
普段は昼間眠くて眠くて仕方ないのに風邪ひいたときに限って寝られない。

最近研究の進みが悪いのにー。
ま、しょうがないから家でのんびり。しょうがないよねぇ。風邪だもんねえ。
そんな訳だから夜のドラマ見まくり!

昨日はフジで9時からやってる”危険なアネキ”を見ました。
伊藤美咲と森山未來のコンビは好感度高いね。
月9のわりには恋愛色が弱くて、兄弟のドタバタハートウォーミング系ドラマです。
宮崎に住む天真爛漫な姉(伊藤美咲)が多額の借金を抱えたまま上京し研修医をしている弟(森山未來)のもとに転がり込んでてんやわんや、って感じです。

今日は"1リットルの涙"を見ました。
体の自由が少しずつなくなっていくという難病を抱えた少女が書いた日記をもとにしたお話です。
不治の病を抱えた娘に対し病気を打ち明けるべきか葛藤する家族と、少女が悔いなく生きるために告知をするべきだと主張する医師。少女も自分の体の異変から自分の体がどうなっているかを感じ取ってしまう。

普通に健康で生きていられることはどれほど貴重か。こういう話を見るとつくづく感じさせられます。
くだらない事を繰り返す日常を日々重ねていけること、このことに対する感謝を忘れずに生きていきたいと願うんだけれど、あまりにも当たり前でありすぎるからついつい忘れてしまう。この話が当たり前に感謝する気持ちを呼び起こしてくれます。
それに、父親役で出てる陣内孝則の演技がすごく好きです。娘を愛している人情にあふれる父親、という姿がひしひしと伝わってくる。
できれば今後も見ていきたい。火曜日は早く帰る日にしようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

健康は大事

のどが痛い(涙)
鼻のかみすぎで鼻の下が痛い(涙)

こりゃ風邪だ…。
昨日の朝から痛かったんだけど昨日は予定があったからチョット無理して頑張ってみたんだけど、昨日の頑張りにちくちくとリベンジされてます。あんまり喋らなきゃよかったんだけど、喉を使ってしまいました。
ま、自業自得ですな。

よくよく考えると季節の変わり目はいつも風邪をひいてます。成長しない24歳ですわ。
風邪をひいてからあわてて野菜ジュースで栄養のフォローをしてみたりするんだけど、パスタとスーパーのお弁当ばっかり食べてる食生活を何とかしないと。とは言いつつも変わらないんだろうけど(痛)

風邪だったけど一応学校には行きました。来月の中ごろに内定先の懇親会があって、そこに健康診断書を持っていかないといけないから医務室で健康診断書を書いてもらおうと思ったのもあって。
医務室に到着して必要書類に記入してしばし待つ。これだけでゲットできる、はずだったんだけど…。

"あ~、この春に健康診断受けてないですねぇ"

なぬ?そんなはずは…。

"ほら、ここ。何にも書いてないでしょ"

たしかに(汗)


結局もらえませんでした。

近所の内科を紹介してもらったんだけど、お医者さんに行って健康診断を受けると5000円ぐらいかかるらしい。
ふぅ…。

いろんな意味で"健康"は大事だなぁ、と実感した一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画祭に行ってみた

今日は映画を見に行ってきました。ちょうど今東京国際映画祭が六本木と渋谷でやってるからお祭り根性丸出しで!普段は映画なんかほとんど見ないのにね(笑)
ってことでヒルズへGO!

何を見たかって言うと"雪に願うこと"っていう映画で、競馬の調教師を兄に持つ主人公があるきっかけで兄のもとを訪れ、北海道伝統のばんえい競馬に関わることで馬と向き合いながら自分自身と向き合うという話です。おっさんくさいもん見てるなぁ(笑)
ネタばれしないように書くとよくわからない紹介になってしまうねぇ…。でも、チャンスがあれば是非見てほしいと思うからこそこんな紹介にしちゃってます。
日本映画特有の淡々とした日々を映し出す流れの中にも登場人物の心の機微が映し出されていて、味わい深い作品だったと思います。
俺ってばなんか偉そうだ(笑)

映画が終わってから監督が登場して観客の質問に答える時間が設けられていたのはすごく新鮮かつ印象的でした。映画を作っている人たちを身近に感じる機会はそうそうないし、監督としても観客の意見を直に受ける機会はそうそうないはず。これぞ映画祭!

あ、でも監督との質問タイムが長くなったおかげでそのあとの飲み会には遅刻。スマン…(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

後輩の応援に。

今日は箱根駅伝の予選があったので応援にいってきました。
昭和記念公園ってのが立川にあるんだけど知ってるかなぁ?そこでやるのが恒例になってるんだけど、家から微妙に行きづらい場所にあってレースの時間も早いからしんどいしんどい。
案の定寝坊をしたので立川駅からダッシュ。現役で陸上をしてた頃はちょっと走ったぐらいじゃ辛くなったりしなかったんだけど、公園についたころにはハアハア。年をとったもんです。

そう思うと今日走った選手たちはすごいなぁ。20キロも走るなんてもうできんわー。
中でも山梨学院大学の留学生はすごかった!まるで弾丸みたいなスピードで2番手以下をぶっちぎって走る姿はかっこ良かった~。2番手以下の選手たちだって各校を代表するエースがひしめきあっているのに、そんなランナーたちをまるで子ども扱い。日本人の限界を見てしまいました(笑)

でも2番手以下の選手たちも母校を箱根路へ導くために必死でした。各校の10人の合計タイムから予選の当落を決定するので、たとえ自分のタイムが良くても後ろを走っているチームの仲間たちのために一秒でも前を狙うそんな姿勢を目の当たりにしました。
歯を食いしばってきつそうにしながらもくらいついていく姿には、仲間たちと走る箱根への思いの強さを感じさせられます。現役時代にこういう場所で走れたことはつくづく貴重な経験だったと今になって思います。

予選会の役割ってのはやっぱりお正月にある箱根駅伝の予選なんだけど、予選に出場する大学の全てが本選出場を狙えるような強豪チームではないのがこの大会の特長だったりします。他の駅伝大会なんかは予選に出るのも一流校ばっかりなんだけど。
だから、この予選会でいい走りをすることを目標としているチームも多くあります。ウチの大学もそんなチーム。
一流校の選手に混じって走ることや多くの観衆に囲まれて走る経験はランナーにとって大きな励みになると思うし、少なくとも僕はそうでした。
現役時代のこのレースに情熱を傾けていた頃の想いを思い出したりして、ひどく懐かしい気持ちになりました。最近はそういうのないなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いざ長野へ!

明日の朝早くに長野に行ってきます。
学会が明日と明後日の二日間にわたって諏訪東京理科大学であるからなんですが。

長野ですよ。
長野といえばオリンピック!
201707

長野オリンピックといえばスキージャンプの原田
0218hara
ふ、船木ぃ~(涙)

でおなじみです。

さて、長野で何を食べようか(笑)
蕎麦とかなのかなぁ。でもお酒もおいしそうだなぁ。
発表は二日目なので初日は楽チン。初日の夜にはきっちり飲むぞ!

肝心の発表時間なんだけど、今回の学会は13分。建築学会だと6分ぐらいしかなかった気がするから少しはまともな発表をしないとなぁ。一応パワポも作ったから大丈夫だよね?

他の分野で研究をしてる人たちが参加する学会ってどのくらいの発表時間なんだろう。
大学院に入って他の分野の人たちと知り合う機会が出来てきたあたりから、建築ってイマイチ学問として中途半端だよなぁ、って思ってます。他の分野に比べると甘っちょろい研究をしているような気がするんだよね。単純に自分の取り組み方が甘いだけかもしれないけど。

ああ、社会に出るのが怖い(笑)でもその前に明後日のプレゼンの心配をしなきゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年もまた就活の時期が始まります。

今週の火曜日のアクセス数がえらいことになってました!なぜかわからないけど火曜日のアクセス数だけがすごく多くなってて580件!
来春の就活もいよいよ本格化してきたんだなぁ。

今日、研究室に行ったときに後輩からOB訪問について聞かれたんですよ。春頃にはあんまり就活に現実味を感じてなかった後輩だったんだけど、俺が去年の夏に参加したインターンシップに参加してもらったのがきっかけになったのか、最近前向きなんです。
自分のことじゃないけどチョットうれしい。ぜひぜひいい就活をしてほしいなぁ。

去年の今頃から今年の夏頃まで就活団体をやってたんだけど、そのときにもみんなに前向きでいい就活をしてほしい、っていう気持ちでやってたから、根本にある気持ちってのは変わってないのかもなぁ。
最近、その団体がまた動くかもっていう段階になってるんだけど、どうしようかな。残り短い学生生活で何をすべきか取捨選択しないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

満たされる=満たされない

満たされるって幸せなことなのかな。不意にそんなことを思ってしまいました。
別に何かに満たされたりしたわけではないのだけれど、不自由だとか劣等感だとか最近そういう気持ちを持つことが少なくて、そうなるのと同時に貪欲さを失いつつあることに気がついてしまったり。

僕の場合、自分を突き動かす衝動はストイックな自己研鑽への欲求ではなく、常に他人と自分を見比べてその劣等感を埋めるために自分を高めるというスタンスだからこそ、不自由を感じなくなるとすぐスランプに陥ってしまうような。

欠けた自分を探して旅に出る"ぼくを探しに"っていう話があるんだけど、そんな気分。

最近不調なんです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

富山帰りっす

富山から帰ってきました。今日じゃないけど。

今回富山に行ったのは、建物の断熱改修工事の効果測定の為の測定器を取り付けに行く、っていうミッションを遂行するためだったんだけど、その断熱改修物件ってのはウチの学科のCOE研究員をしている人の実家だったんです。だから、泊まり先もその研究員のおばさんのうちに泊めてもらっちゃいました。

そのおばちゃんの家で食べさせてもらった料理で富山の評価急上昇ですよ。これは!
何がいいって、食べ物とお酒がおいしかった。
晩御飯にスーパーで魚買ってきて七輪で焼きながらお酒飲むなんてことしてたんだけど、普通に買った魚がめちゃウマ!その魚を揚げてもらったり煮てもらったりしたのもめちゃウマ!
はたはたの煮付けの中に白子が入ってたんだけど、口に入れたとたん溶ける溶ける。
魚介類のクオリティーが半端なく高い…。

こんなものも食べました。
V6010024
イカの塩辛+イカ墨、ってやつなんですが、同期の男いわく"アスファルト"です(笑)
このアスファルトも日本酒のつまみにもってこいでした。

富山に行っていろいろ食べたその中でも一番感動したのはお土産に買ってきた鱒寿司。
わざわざ寿司屋に予約を入れて作ってもらったものだったからかなりの期待をしていたんだけど、その期待の45度上を行ってました。
自宅に持って帰ってきてから近所のスーパーで別の鱒寿司を買ってきて勝負させたんだけど、その差は歴然でまるでお話にならない。スーパーの鱒寿司はぱさぱさでご飯も普通の味でなんじゃこりゃ!って感じだったんだけど、富山の鱒寿司は鱒の脂ののりが違う!箸で切れちゃうぐらいに柔らかくて、しかもご飯もお酢のきき方がよくて甘さと酸味のバランスが絶妙。そのうえ、しっかり押されているんだけど、カチカチじゃない。

富山県、☆三つです!!(堺正章より)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ちょっくら富山まで

行ってまいります。
ビバ初富山!
富山っていまいちメジャーじゃないし、場所もどこかよくわからないけど、
(↓ココ)
admi16


チューリップとか
05


バット職人の熱い心意気で有名(?)です。
c02_meijin


でも、今日は後輩の研究のお手伝いで行ってきます。残念ながらバット職人との心のふれあいはありません。
ってか、卒論の題材なので責任重大…。今回は建物の断熱改修事例の測定になるので家を丸ごと一軒計測しちゃったりなんかするわけですよ。で、その計測機器の取り付けにかりだされちゃったわけですよ。
嗚呼、末端構成員…(笑)

家一軒ってでかいよ。しかも、田舎の家だからさらにでかいよ。
これはかなりへとへとになること必至。うまいもんでも食わんとやってられません。

で、調べてみました。富山のうまいもん。
①ホタルイカの沖付け
②鱒の押し寿司
このぐらいしか見当たらない…。頑張れ富山!

でも、この数少ないラインナップを見ると、海産物系はおいしいのかな、なんて思ったり。
日本海の幸、待ってろよ!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »