« August 2005 | Main | October 2005 »

After万博で思うこと

愛・地球博終わっちゃいましたね。
祭の後とかっていつもさびしい気持ちになっちゃうんですが、万博終わってセンチメンタルな僕です(笑)

論文をちゃっちゃと片付けて最終日また行ってやる、という目論見ももろくも崩れ、日立館をはじめとした企業パビリオンの内部とは会うこともなく永遠の別れです。冷凍マンモスもロシアに帰っちゃうみたいだし。

実は万博の長久手会場は万博が始まる前には公園だったこと知ってますか?もうほとんどその頃の面影は残っていないんだけれど。
青少年公園って言う名前の公園で、小さい頃にはよく遊びに行ってました。
万博会場をあるいた人にはわかると思うんだけどかなり広い公園になってて、全長5キロのサイクリングコースとかゴーカートとか18ホールあるパターゴルフとかプールとか芝生の広場とか遊べる場所がたくさんあって、小さい頃は遊びに行くのが楽しみで仕方がない場所でした。

無類のパターゴルフ好きの僕にはたまらない場所で、休みになるたびにちょこちょこ連れて行ってもらったんだけど、痛い思いでもあったり。
父親に車で連れて行ってもらったときに公園の駐車場に車を止めて、これから遊ぼうって時に助手席のドアに指を挟んでしまって。そのときのかなり焦ってる親父の姿は今でもよく覚えています。
親父いわく、指が切れちゃったかと思った、って。まあまあ、運良くドアを開けても指はついてましたが。ってか直行した病院では骨も折れてなくて傷口を縫っただけで済んだあたりは強運なのかな?

そんなことを思うと、痛楽しい場所だったんだなぁ。痛楽しい思い出に万博の思い出も重なってなんだかよくわからない場所になりそう(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

万博行ってきた!!

ちょっと前だけど
expo1
行ってきた!

ひとことで言うとかなりスゴイ!人の数とかパビリオンの中身とか。ホントすごかったんだけどその中でもロシア館の手の抜きようは逆にすごかった。
入口にいい角度で撮ってるぷ~ちんの写真があって。

「ロシア館へようこそ!、存分に楽しんでくれたまえ」
pu-tin

みたいな事が書いてあるんだけど、受付のおじさんが
hoe-
こんな感じだし。

中の模型も頑張ったら俺作れるなってのがてんこ盛り!
へんてこりんな日本語訳がついた映像とか、壊れそうな展示にA4サイズの紙が貼られててそこに手書きで
「さわらないで」
みたいなこと書いてあるし…

文化祭?

ここまでみてると、なーんだ、愛地球博大したことねぇじゃん!なんて思うかもしれないけど、個人的には
gaijin
超前のめり!

企業パビリオンとか日本館とかはやっぱりすごいし、並んでみるだけのものだと思うし、イタリア館では"躍るサキュロス"が展示されてるし、スペイン館ではイケメンスペイン人と仲良くなったし、スリランカ館で売ってた小麦粉の皮でひき肉とか野菜とかをカレーで味付けしたもの(名前忘れた)はうまかったし、リニモ乗ったし、ウクライナ館のオネーサンかわいかったし…。

おすすめはやっぱり長久手日本館だね。
入場までに超待って(↓こんな感じ)
V6010014
へとへとになって入ったけど、中すごい!

ちょっとだけ見せるとこんな感じ。
V6010015
やばそうでしょ!

もし時間あったらいまからでも行くべし!
行くんだったら絶対徹夜で!
expo3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

終わったー!

実験終わったー!
いやいや、長かったよ。8月の10日過ぎからやってたから、もうかれこれ一ヶ月ぐらいの長丁場。始まる前はかなり憂鬱だったりもしたけれど終わってみると満足感。長い距離を走るみたいな感じかな。

実験の全部がうまくいったわけじゃないけど、終わってよかった。やっぱり実験ってのは難しい。思ったとおりの条件を整えることが出来なかったり、設備の不備が予期せぬ影響を及ぼしてしまったり。
限られたお金の中でやるってのは、こういう環境で結果を出すってことなんだろうな。

ま、うまくいかないときにはかなりイライラしてました。かなりね(笑)
でも夜には飲み会行ったりとかしてたから、いい感じでストレスの解消はしてました。実験は全部自分一人でやってたから何かあっても自分の責任だし、何より実験建物内に僕しかいなかったから話相手がいなかったんだよね。実験を通じてすっかりラジオとお友達になりました。
長丁場の実験は気持ちのコントロールが意識的に出来ないと嫌になっちゃうよね。

ホントはすぐに論文に仕上げないといけないけど、ほんのちょっとだけ休みます。日単位できっちり休むなんて半年振りぐらいかも。4ヶ月遅れのゴールデンウィーク!明日のバスで実家帰ります!
待ってろ名古屋!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ゴミゼロ運動実施中

選挙すごいことになってますね。自民党の歴史的大勝。今日は久しぶりに早く家に帰って選挙速報を見てます。
ここのところ郵便局ががんばって郵便のCM流したりしていたけどそれも焼け石に水でしたね。

今回の選挙速報は見てる分には凄くおもしろい。ホリエモンがどうだとか、田中真紀子がどうだとか見所たくさんです。
さっきは鈴木宗男の19歳の娘までが出てました!かなりうまい演説をしていたのであのムネオ節はDNAレベルの代物みたいです。きっとあと20年ぐらいすると出馬したりするんだろうな。

でも、鈴木宗男みたいに自分や地元への利益誘導しか興味がない政治家がいなくなることに今回の選挙では期待していたのだけれど、亀井、綿貫含めて残念な結果になってしまいそうです。もっと大々的なゴミ掃除がなされるかと思ってたんだけど。
そもそも亀井とかムネオとか地元での評価が全国での評価とかけ離れている議員を落とすには選挙区を広げていかないとダメだと思います。国政を担う人間を一部の地域の人の投票だけで選ぶという今の制度は、日本全体の大局的な利益を追求するためには不十分だと思います。村をまわってたくさん握手したもん勝ちのようなドブ板選挙が通用するようなそんな制度は早めになくすべきだと思います。

それはおいといて、自民党が大幅に議席を増やしていることの背景として、有権者が今回の選挙にいろいろな意味での変革を期待しているのではないかな。僕がゴミ掃除を期待していたのと同じように。
昔、日本新党とか新進党とかがポコポコ出てきた時にも同じような期待を抱いていたけど、あの時は見事に裏切られてしまったからこそ、今回はこの期待にこたえてほしいなと思います。

そうはいっても、今回のこの結果は偏りすぎていて不安にもなります。よくよく考えないで右へ習えの国民性で投票した結果が出てしまっているのかな、と。小泉首相の推し進める郵政民営化の具体的な内容を理解しているのかな。

じゃあ、どうなったら良いんだよ、って話ですよね。
僕としてはより良い日本になってほしいな!って感じかな?(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

増税カム!

明日は選挙。でも前にも書いたとおりに投票には行けません。

そんな僕ですが、思うところは色々あります。
その中でも、個人的には税金について興味があったりします。

郵政の問題をごまかすために増税するとかしないとかをわいわいやってますけど、僕は増税しなきゃならないってか、増税して!って思います。

今の日本には国と地方合わせて700兆円以上の借金があって、これを今生きている国民全員で分割して払おうとすると1人あたりで600万円弱です。
これだけ見ても、うわ!って感じだと思います。平均年収が600万円を下回っている今の時代ですから、簡単に言うと、1年間ただ働きしても返せない額の借金を生まれたときから背負っているわけです。

でもよくよく考えると僕たちが払う額はもっと多いっていう事に気がつくはずです。
だって今生きてる高齢の方がその余生で600万円を税金で負担するとは思えないじゃん。ってことは若い人のほうが多く払うってことですよ。
今年の日本人の平均年齢が43.1歳らしいけど、さっきの600万円の負担ってのはまさにこの年齢の人たちの負担額な訳で、僕の年齢は24歳。平均よりも19歳若い。それで、日本人の平均寿命が82.1歳だから日本人の平均余命があと39年なのに対して僕は58年。58/39≒1.5なので平均よりも1.5倍も多く借金を背負うってことになります。

600×1.5=900万円


900万!!!!!!!???????

いち早く増税してください!
世代間扶助が大事だから年金払えって言うなら、将来苦しむことが目に見えている僕ら若者世代を助けてよ!
お・ね・が・い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京

今日も引き続いて歌ネタで。

いまさらだけど、最近になって福山さんの"東京"を聴いてます。福山さんの歌は後になってじんわり効いてくるのが多いなぁ、と。夏の終わりにはぴったりです。

その"東京"の中で気に入ってる歌詞があるんだけど、

♪涙や弱さや素顔なんて この街じゃ
 誰にも見せちゃいけないって 思ってた

っていうこの部分、なんか考えるものがあるな。誰でもこういう気持ちになったことあるのかな。
自分の気持ちが裸からは程遠いことに久しぶりに気がついちゃったよ。

傷つくことを恐れてる弱さのせいでホントの気持ちを表せなくてしまうこととか、自分が傷つかないように他人に期待することをやめてしまうこととか。
いつの間にかそんな自分に慣れてしまって、大事な本音をごまかして見ないふりをして、気持ちを茶化して生きていること自体に気がつかなくなってしまっていたり。

昔はそつなくこなしていく生き方にちょっとした憧れを持っていたのだけれども、今となってはそんな生き方少しも幸せじゃない。
ごまかしてそれなりにうまくやって生きていけばこころがボロボロになるようなつらい思いをしなくて済むけれど、心震えるような喜びにめぐり合うこともない。そんな日々をいくら過ごしても振り返ったときにはさびしいだけだし。
裏切られることは辛いけど、裏切られた後に本気で泣けるぐらいに人を信じられるようになりたい。

そんなことを考えてしまった夏の夜でした。
福山さん、あんたはいい男だよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミュージックバトン

"Musical Baton"ってのがまわってきたので早速乗っかってみました。イエイ!

Q1 今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量は?
A. 2.7Gでした。思ってたのよりも少ないかも。そういえば研究中に聴いてる曲はたいがい一緒かも。

Q2 今、聴いている曲は?
A.少し古いんだけどゴスペラーズの"永遠に"です。
♪あなたのーかーぜーになってー、すーべーてをーつつーんであーげーたいー。
くぅ…、いい曲だぜ。 この台詞いつか言う!絶対!

Q3 最後に買ったCDは?
A.昨日新宿のタワレコで買ってきました。
野宮真貴 loves m-floの"Big Bang Romance"(←試聴できるから聞いてみて!)
ピチカート・ファイブでおなじみの野宮真貴とえむふろとのコラボでござい!ピチカートから受け継がれる"おしゃれ系ポップ"にm-floが疾走感をプラスしたそんな楽曲です。
野宮真貴の声大好きっす!

Q4 よく聴く、または特別な思い入れのある5曲は?
A.
① "Still" (Skoop On Somebody)
② "My Gift to You" (CHEMISTRY)
③ "a tomorrowsong" (Skoop On Somebody)
④ "Your eyes only ~曖昧なぼくの輪郭~" (EXILE)
⑤ "夜明けまえ" (スガシカオ)

①曲目は
僕の一番好きな曲群の中の一曲です。たぶん500回ぐらいは聴いてると思うけど、まだ好き。たぶん一生好きです。
4年前ぐらいにラジオで流れていた「ミュージックバード」っていう衛星ラジオ局を紹介するCMでチラッと聞いただけなんだけど、そのサビが忘れられなくて忘れられなくて探し出した一曲です。切なげな歌詞に絶妙なコーラスワークがあいまって、もう!


忘れないよ最初の朝を
忘れたいよ最後の夜を
いつでも手を伸ばせば 2人で触れ合えた日々を
届けてよ 君の声せめて
届かないよ 僕のもとには
聞こえた気がしたら 振り向いた窓に風が吹いた

弱ってるときに聴くと泣いちゃうよ(笑)
  
②曲目は
むかしauのクリスマス限定CMソングに使われていて、仲間由紀恵がでてました。くらくらしてしまいました。
ケミが一番輝いていた頃かな?
ちなみに楽曲提供はSkoop On Somebodyだったりします。

③曲目は
またまたSkoop On Somebodyです。大好きなんです!(笑)
3年ぐらい前に一日中これだけをエンドレスで聴いてへこんでいた事もむかしの事。
"失った男の気持ち"を歌わせたらSkoop On Somebodyの右に出るものなし!

④曲目は
EXILEのファーストであり、彼らを知った曲。
これもやっぱり後悔系男子の気持ちを歌い上げた曲。そういうシチュエーションが好きなのかも。
EXILEボーカルの佐藤篤志はASAYANの男子ボーカリストオーディションの最終選考まで残ってたのはかなり有名だけど、もう一人の清木場俊介も実は3次審査まではさりげなく残ってたり。
思えばこのオーディションがなければ僕の好きなグループが二つ減ってたわけだ。

⑤曲目は
シカオちゃん。
SEIKOのCMソングだった?松たかこがでてたような。
サビの清涼感に加えてボーカルの透明感のベストミックス。
こんなにさわやかに歌うなんてきもちいいな、って思ってたら、実は彼の真骨頂はドロドロした思いを秘めた歌詞。
天使のような純粋さを失って汚れてしまったけれど、そのことを後ろめたく思い自分を傷つける青さが残った気持ちを代弁する曲を書いてるイメージの曲がすごく多い。分かりづらいね(笑)
最初の印象とは真逆だった。でも、いまはその生々しさが好き。

バトンを渡す5名
特にないかな?これみて書きたくなったら書いちゃってくだされ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

選挙

実はまだ一度も行ったことありません。ゴメンなさい。

住民票のあるところに選挙の投票用紙って送られてくるみたいなんだけど、住民票は名古屋で住んでるところは東京。
ウチの学校は都民だと入学金が安くなるから大学院入学のときに移したほうがいいって親に言ったんだけど、なぜか移したがらず。ろくに帰ってこない息子の住民票ぐらいは手元においておきたいんだろうなと勝手に推測し納得し今に至ります。

なので、今回の選挙も投票に行くことはないのだろうけど(投票日の投票時間帯は実験もかぶってるし…)、ここは盛り上がってる選挙に乗っかってみようかと。

ネットでは候補者についてとか政党についてとかを詳しく書くのは公職選挙法に抵触するらしいのでやんわりとした意見を書こうと思います。
そもそも、ネットに書いちゃいけないっておかしいと思います。候補者自身が書くのも駄目だとか言ってて、そんなことだから各候補者のしたいこととかが有権者に伝わってこないんだと思います。

今朝、板橋まで行って住宅街の中を歩いていたら朝早くから選挙カーが候補者の名前を連呼してました。ありがちな選挙カーにきれいなオネーチャンを載せてその車がやってることは名前の連呼だけ。
町中を走り回る選挙カーで政策を訴えることなんてのは出来ないことはわかります。だからこそもっと政策は身近なところから手に入れることが出来るようになるべきだし今の選挙制度は変えるべき点が多くあると思います。

そもそも、選挙に行かない人が多いのはどの候補もどの政党も言ってることがよくわからないし、かわりばえがしないからだと思います。
その証拠に、今回の選挙ってすごく盛り上がってるじゃないですか。郵政民営化っていう議論の軸があるから。
この郵政民営化案が正しいかどうかはおいといて、議論の軸がよく見えれば有権者だって投票します(僕は行かないけど…)

ネットでの選挙活動が出来るようになるべきだという意見が多く聞かれますが、今のところは出来ません。これも公職選挙法の決まりだからです。堀江さんがブログで選挙活動できないのも同じ理由です。
韓国では民意を味方につけていたウリ党が当時最大議席だったハンナラ党との立場を逆転させるために有効だったのがネットでの戦略だったという風にも言われていますし、自分達の国で繰り広げられている政治の状況が有権者個人まで届くようになれば、選挙が本来果たすべきである"僕達の代表者を選ぶ"という機能もより発揮され、今の永田町の力関係ががらっと変わるのではないでしょうか。
有権者が知る努力をすることもあるだろうけど、有権者が知ることを拒むシステムになっているこの現状はどうなんでしょう?

ま、ネットでの選挙がそれだけの力を持ってるからこそ、いま力を持っている人たちはネットを選挙に導入したがらないのだろうけどね。
改革改革。改革すべきことはなくならないねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

ナシ大好き

そんな台詞がドラえもんの中にありました。
のびた君が自分の部屋で床に座ってナシを食べているって言うシーンです。何の変哲もないシーンなんだけど、昔部活の合宿中でナシを食べながらこの台詞をつぶやいたら、一緒にいた二人が反応。人の記憶って面白いなって思いました。

それは関係ないんだけど、今日ナシを食べました。ってかさっき食べました。
閉店間際のスーパーでナシが一個78円で売ってました。安いなぁって思って思わず買ってしまいました。

うまかったー。
秋の味わいを一足早く味わいました。みずみずしくて甘くておいしかったです。
でも、知らないうちに夏が終わりを迎えようとしていることに切なさや儚さを感じてしまう。
外にはセミの声に変わって鈴虫の声が聞こえてきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わがままに決めよう。

8月の14日からやってる実験も30日で前半戦が終了。
31日からはまた内容が変わってこそこそと実験しております。

でも、この実験ほんとにこそこそしてて、朝から晩までほとんど人に会いません(涙)今までは被験者実験をやってて被験者をしに来てくれた人に対してそれなりに気を使って疲れることもあったんだけど、昨日からは被験者抜きの実験だからずーっと一人。朝に機械を動かして、そのあとは30分おきにカメラで撮影するだけ。
面倒だし、面白くないし、誰とも話さないし。

話す人がいないから、悶々と考えてしまうわけですよ。はじめは論文の構成とか考えていたり、解析方法を煮詰めていたりするんですが、なにぶん実験は朝から夕方までと長い。他の事も考えないと1日が終わらないんですね。

そんなことだから自分の就職先(←ワークスアプリケーションズってとこです。)について考えたりするんだけど、ベンチャーに行ったり会社作ったりする人と比べて甘い選択をしてしまってのではないか?とか、この選択で頑張ってる人たちとの差が大きくなっちゃうんじゃないか、とかいろいろと後向きに考えてしまって自信がなくなってきたり。
雇われ人としての立ち位置に慣れてしまうと、どんなに有意義な仕事の経験を積もうとも自分で踏み出し独立する勇気がなくなってしまうんじゃないかなぁ。

自分なりに目的を持って就職先を選んだつもりでもやっぱり不安になります。
環境って大事な気がしていて、個人的には厳しい環境に身を置いてこそ目いっぱいの成長が実現できると思うんです。切磋琢磨ってやつです。ダイヤモンドはダイヤモンドのみによって磨かれるわけです。(←僕自身がダイヤモンドとか言ってる訳じゃないよ。)
なにより、自分がぬるま湯の中にいることに気がつかずに、その中では頑張ってるつもりでも外側から見ると大したことない、ってのが一番悪い。
そうなっちゃわないかが心配。

自分の軸だけを見据えて決めていないと、決めたことをうじうじ悩んじゃう。どっちつかずは一番よくない!
自分の一番したいことだけを見つめて、その実現だけに向かって全力で走り出す!
これだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »