« April 2005 | Main | June 2005 »

ユニクロ!

行っちゃいました。しかも買い物しちゃいました。
ゼミが終わってへろへろになっちゃって、気分転換に学校の周りを原付でブーン。
そのままユニクロに寄ったんですよ。せっかくだから靴下かトランクスでも買おうかと。
いや、なかなか悪くないかも。ユニクロって敬遠してたんだけど、しばらく見ないうちによくなった。何年か前を最後に、それ以来は下着以外は買ってなかったんだけど、ユニクロのデザインも進化してるかも。
昔のユニクロって、ただひたすら色数だけ多いけど、どれも着られないって印象があったんだけど、今はそんなことない。ディテールとかはそんなに凝ってはいないし、色使いも普通なんだけど無難な服が揃ってて、力が入り過ぎないカッコをするならいいチョイスができるかも。大体にしてそれほどおしゃれな服を着てるわけでもないし、若さ全開なオシャレをする服にはもう袖を通せない年になったし(涙)

んで、何を買ったかというと、細かい青のストライプが入った白の長袖シャツです。1000円なり。今の時期に長袖かよって思うかもだけど、シャツ大好きなんです。さらっとしたなんともないシャツだけど明日着てきます。

ユニクロも捨てたもんじゃないぜ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ねむい。

昨日久しぶりにオールしちゃって。案の定ってか帰りの京王線で爆睡。朝の6時前に新宿駅を出たはずなのに家に着いたのが9時過ぎ。あれ!?家までそんなに遠くないぞ(笑)
そのあと学校に行ってもひどかった。眠くて論文が頭にはいらんし、ってか、寝た。それはもうたくさん寝ました。机に突っ伏してっていうよりも大の字で寝ました。学部生のときは寝てなくてももっと大丈夫だったのになぁ。年をとったなぁ。

それはそうと、就職先決めました!!(パチパチパチパチパチパチ!)
昨日の飲み会でも、日記読んでくれてる友達に「早く決めてくれよ。」なんて言われてしまうぐらいに引っ張り続けた就職先だけど、今日の夕方電話してお世話になる旨を伝えました。
気になるその就職先は

(ダカダカダカダカダカダカダン!)

~つづく~

うそです。そこまでは引っ張りませんよ。
来年からはワークスアプリケーションズで働くことにしました。ワタミもいい会社だと思ったんだけど、先週の内定者ゼミでの参加学生を見て、切磋琢磨していけそうな人がいると感じなかったことが一番の理由。あと、社員の方と話してみて、価値観に違和感を感じてしまったことも。
ま、これで就職先も決まったわけだから、来年からはバリバリ働きまっせ!社会にアイデアを投げかけまっせ!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

のほほん

土曜日って気が抜けるよねぇ。研究室に行ったんだけれど、気が抜けちゃって。隣の研究室の同期の女の子も気が抜けてるみたいで、一緒にロビーのソファーでボケーとしてました。
「日が長くなったねぇ。」
「そうだねぇ。」
「旅行行きたいねぇ」
「そうだねぇ」
のんびりとしたいい空気流れてました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワタミゼミナール

ワタミの内定者向けのゼミナールに参加してきました。ワタミのゼミナールってどんな感じなんだろと思って行ってきたんだけど、内容は案外普通のセミナーでした。
参加した50人ぐらいが横並びの机に座って、ワタミが取り上げられたテレビのビデオを見ることと、社員からの話でした。時間は2時間チョイだったのかな。それだけでした。あれ?こんなにあっけないの?って程の内容だったのでがっかりでした。ワタミも会社なんだなぁ、と感じさせられてしまいました。
ワタミについて知ってもらうことが主目的だったと思うんだけど、やり方は他にもあったような気がするなぁ。安っぽい方法だけど、同じようにビデオを見るにしても、その後にグループワークとかで今後のワタミのあり方について話し合うなりすれば、会社に対する理解も深まるだろうし、自分なりの問題意識を持って会社で活躍するモチベーションにもなるだろうし、内定者同士でコミュニケーションをとるきっかけにもなるのに。

実は今日のゼミナールで就職先を決めてしまおうと思っていて、内定者の見極めや実務によって得られる能力がどんなものであるかの判断をしようと思っていたのだけれど、今日の内容だとちょっと判断しがたいと思って、ゼミナールが終わったあとに社員さんを捕まえて30分ぐらい話をさせてもらいました。
会社を興すにあたって必要な能力ってのは、店舗勤務が終わって本社勤務になった場合に身につけるような機会はあるのかどうか、って意味の質問をさせてもらいました。それに対する答えは自分次第ってことでした。どんな仕事をするにしても目的を持って、有用だと思って仕事をするコトが大事だっていう意味です。
うーん確かにそうなんだけど、成功する会社を興すためにはそれだけじゃないと思うんだよなぁ。僕の父親は脱サラして起業をした人なんだけど、父親いわく「起業するには何か売りになる武器を持て」って言ってて、その意見はやっぱり納得できるんだよね。世の中にいる起業の成功者もそれまで経験を積んだ業界での独立の方が成功しているようだし。やっぱり会社を作っても世の中に必要とされるオンリーワンの何かがないと、お金もらえないから。
まあ、そうは言っても自分次第な面もあることは事実。会社選びも大事だけれど、自分が覚悟を持っているか、どんな将来を実現したいかをリアルに描けているかが大事なんだよな。

2社で迷ってることを打ち明けて、相手の会社のことを話したら、それを聞いてた社員さんが、そっちの会社に行っちゃってもいいんじゃない?って。あはは、いいね、やっぱり。何よりも一人一人が主役となって活躍することを本気で期待している会社なんだなって思った。しかも、その言葉によってよその会社に行くかもしれないのに。そろそろ決めようと思います。

でも、さっきワタミから農業インターンの誘いがメールで来て、就職先がどっちになってもインターンにはちょっと行きたくなってしまいました。北海道で農家の方と一緒に農作業だって。いいなぁ!もし内定辞退した場合にはさすがに行けないよねぇ。


あ、全く関係ないけど、今日は日本代表の試合があったみたいだけど、代表チームいい加減に何とかした方がいいよね。案の定今日も負けたみたいだし。今の代表チームは確実に4年前より弱いと思うんだけど、どうだろ。個人のスキルについても、チーム戦術から見ても問題ありでしょ。
これまではアジアカップ優勝しちゃったりと一応格好がついていただけに余計に問題が表面化してなかったけど、もうごまかしが効かないところまで来てるような。ま、予選じゃなくてフレンドリーマッチでの敗戦で問題意識を持てたことは不幸中の幸いだとは思うけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

野球場バイト

神宮球場で働いてきました。ヤクルト×西武戦。
外野席での勤務でした。神宮球場にいったことがある人はわかると思うんだけど、外野に自由席と指定席があって、間には簡単な柵があるだけだから監視する人がいるよね。きょうはその役目の人をしてました。
あれってかなり楽なんよ!攻撃中は椅子に座ってて、攻守が交代してるときだけ立ってればいいの。それを延々と繰り返し。その間は野球見ていられるから、野球が好きな人にはよりお得。おすすめです。

試合開始前から居座ってバッティング練習を見てるんだけど、少しずつ観客が入ってくるんよ。裏の通路を抜けてバックスクリーン裏を通っていよいよたどり着いた外野席スタンドで見せる観客の表情がいいね。外野席からホームベース方向への視界が開けた先には、思ったより近くにいる選手。それ見て歓声あげてる人がいたり、みんな感動してんなぁ、って思ってしまいました。特に、子供づれの父親を見ると、父親にナゴヤ球場まで連れてってもらった10年以上前の記憶がよみがえってきて、涙ちょちょ切れちゃいます。

話は変わるけど野球場ってビール売ってたり女の子いるじゃん?なんていうか、…あれってかわいいよね。
ショートパンツ姿で帽子かぶって後ろで髪束ねてる姿ってすごいかわいい。試合がつまんないときにはぼーっと視線の端で泳がせておくにはいいっす!思わずビール買っちゃいそうでしたよ(笑)

あと、途中で見た少年たちの会話がおもしろかった。
少年 「(西武の)大沼さーん、ボールくださーい!」
大沼選手 「…」
少年 「くださーい!」
大沼選手 「…」
少年 「…和田でもいいか。」
あれ!?少年ってもっと夢を持って純粋に生きている生き物じゃなかったっけ(笑)

今日はグラウンドにも入っちゃいました。人工芝を全力疾走!
外野席の警備のほかに、試合が終了して観客がグラウンドに入って来ないようにグラウンド上で後ろで手を組んでえらそうにたっている仕事もしました。その時に芝の上を走っちゃいました。

今日は普段見られない裏側も見られたし、人工芝も味わったし、よい日だった!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHK

取材されちゃいましたよ!近頃いろいろと話題豊富なNHKに。
何の取材かというと、うちの隣の研究室が、着ている服の量が変わると快適性はどう変わるか、っていう実験をしていて、その実験風景を取りに来たついでに取材されてきちゃいました。

僕をはじめとした4人が実験台になったんだけど、実験ではスーツを着せられたり、半そでのシャツにされたり、まるで着せ替え人形っすよ!しかもNHKときたら何でもかんでも撮りたがって、実験室に入るところの絵が欲しいから入るところからやり直せだの、作業してる振りしてペンを動かせだの、挙句の果てに着替えの途中も撮影したがるし。これはおばちゃんの視聴率狙いか!?
実験中はいすに座って作業をするんだけど、いすの横に来てその途中もこれでもかってぐらいに顔を真横から撮影するし、ってか近すぎですから!汗かいちゃいますから(笑)
ちんたらちんたら撮るからたかだか1分使うぐらいの取材で2時間半よ。長いっすよ。実験が終わったときには、4人並んでる絵が撮りたいから適当に談笑していてくれって。適当に談笑?無理っす。

そのあとは一人ずつインタビューです。恥ずかしいっす。

NHK 「ネクタイをしているときとしていないときはどんな風に違いますか」
僕 「ネクタイをはずすと首周りがすっきりして涼しくて快適ですね!」

くわぁー、ハズカシイ!こっぱずかしくて冷や汗かいたよ。
テレビ作るってこういうことなんだなぁ。いい勉強になりやした。

夜は同じ階にある研究室の先輩後輩とでボーリングに行ってきました。うちの学科は研究室対抗のボーリング大会があるのでその練習もかねて。
久しぶりにころころ転がしてきたけど、うーんまずい。男ばっかりで行ってよかったっす(汗)、
ピンがね
”自分、簡単には倒れないっす!へこたれないっす!”
って言ってるんよ。僕はもっと純で繊細な思春期みたいなピンが好きです。これは要練習だわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

○○専用車両

最近でもないけど、関東の私鉄では夕方のラッシュ時にも女性専用車両が導入されましたよね。んで、いろいろと議論がなされているみたいです。できてよかった、って声もあるし、女性だけいいなぁ、なんて声もあるし。
どちらの気持ちもわかる気がします。そこで不公平感をなくすためにはいろんな専用車両があっても良いんじゃないかと思って考えてみました。私鉄各社さん、ぜひ採用して!
例えば

①部活帰りの少年専用車両
冷房の効き方がすごい!かつ、車内に買い食い用パン屋さん付。
②おばちゃん専用車両
壁じゅうにヨンさま!せいぜい騒いでくれ!
③おじいちゃんおばあちゃん専用車両
こぶちゃ&レンタル孫サービス。憩いのひとときを…。

などなど(笑)

冗談はおいといて。女性専用車両ってたぶん若い女の人がたくさん乗るんだよね。だから車内広告とかを女性用にしたら効果的だよね。もうやってるかもだけど。あと、普段街中で配ってるような化粧品の試供品とかが網棚にのってたらきっとうれしいよね。
これから段々電車の乗客が分類されていくほど、電車が新しい宣伝の場所になっていくんじゃないかなぁ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ゼミ合宿後です

ゼミ合宿行ってきました。山中湖の脇にあるペンションを貸切で2泊3日。
2日目は朝から夕方まで昼食をはさみながらのゼミ。うちの研究室の合宿はちゃんとゼミする合宿なんですよ。8人がそれぞれ1人1時間ずつたっぷりと。途中かなり眠くなり20分ぐらい寝たけどまあまあ頑張りました。ゼミ中に発するコメントもM2っぽくなってきたかな?と自分で褒めてみたり(笑)

それはよいとして、2日目の夕飯で餃子を作りました!中国人留学生の先輩監修のもとで皮から作る本格的な手作り餃子大会!小麦粉と水を混ぜてこねてこねてこねて。そのあと少しねかせてから麺棒で一つ一つ皮を作ってきます。んで、餃子の具を包みます。上がちゃんとしわしわになるように包む包み方を教えてもらったんだけど、文でかけないから省略っす。
楽しいっす。一つ一つ自分らで作るって楽しい。うまく作れないけど粉と水と具からちゃんと餃子ができてくのは感動。水餃子にして食べました。これだけ頑張ったらどんな風に食べてもうまいよ。

3日目にはそばも打ちました。そばうち体験ってやつです。松本人志似の面白そば職人の居る店で作ってきました。芦屋亭ってお店です。わいのわいの言いながらうどんみたいなそばを作ってました。でも、ひき立てのそば粉と富士山の湧き水で作ってるから味は最高!みんなの打ったそばと交換しながら食べました。
そばうちっておっさんになっても似合う趣味だし、始めてみようかななんて思ってしまいました。10年ぐらいやってればプロ顔負けのそばも打てるかも。いいそば粉屋さんも紹介してもらったから、ホームセンターでそばうちセットでも買っちゃえばいつでも始められるねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

髪切ってきやした!

今朝髪を切ってきました。
前回は4月の頭ぐらいに就活用に切ってきたところだから1ヶ月半ぶりぐらい?そのときには目黒駅から少し離れたところにある美容室にいったんだけれど、その時の担当の人が別の店で店長になるみたいで今はちょうど休み中。仕方がないので今日は大学の近くにある美容室にて。
ついでに矯正もやってもらいました。おかげで髪の毛つるつるです。矯正をした当日はシャンプーをしてはいけないので若干汚い頭です(笑)

美容室で髪の毛をいじってもらうときって話したりします?ドラマの話だったりだとか他愛のない話をすることもあるんですけど、どちらかというと僕はあまり話をしない店が好きだったりします。話しかけられると話を続けなきゃいけないと気を使ってしまうほうなので、できれば放置していただきたいです。髪切ってるときぐらいはリラックスしていたいからね。
そんなところで気を遣ったりはするけど、髪切ってもらったりシャンプーしてもらったりってかなり気持ちがいい。基本的に日常生活で人になにかやってもらうことってほとんどないから、たまにあるとすごくいいね。眼を閉じて半分寝ながら髪を切ってもらうのもすごく好きです。くしで髪をとかしながら、はさみを入れるっていう単調な作業が僕の頭の周りで延々と続いていくことに癒しを感じます。はさみで髪を切る音とか、髪の毛が落ちる音とか、幸せな日常そのもの。美容室好きです。

明日からゼミ合宿なんだけど、まだ資料完成してないです。久しぶりに長い夜になりそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実験されてきました。

今日は先輩の実験に付き合ってきました。
旭化成の技術研究室の方とはよく一緒に研究することがあるんですが、今日は三鷹にある住宅展示場の旭化成のモデルルームを使っての実験です。
どんな実験かというと、あらかじめ決められたスケジュールに沿って室内を移動し、そこで決められた活動をし、そのときの暑さ寒さと快適感をアンケートで申告するって言う簡単なもの。
何でそんなことをやるかというと、その先輩は、衣服の量と活動内容と周辺環境(温度、湿度など)を用いてそこに居る対象者の快適性を予測する手法の開発、っていうことをやっていて、今回の実験結果を使ってその手法が実際の結果とどれほどの整合性をもっているか確認しようという趣旨のもとで行われるものなんです。

やってることはすげぇなぁ、と思うんですが、今日の実験内容は簡単に言うと決められたとおりのスケジュールで本読んでメシ食って軽く運動して、の繰り返し。結局は何もしない休日の活動を仰々しくやってるわけよ。ゼミ合宿前なのにいいのかなぁ。
それにモデルルームでやってるから実験中にも普通にお客さんとか入ってくるし。もし、モデルルーム見に行った時に中で知らない人が食卓つかってご飯を食べてたらひくよなぁ。実際に見に来たおばちゃんひいてたし。それに足踏み運動をしてるときにお客さんが窓の外からじろじろ見てくるし。はずかし!

まあまあ、そんなことの積み重ねでいい家はできていくみたいですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

渋谷で飲みました!

今日は夜に渋谷で飲んで来ました。例のごとく就活つながりっす。こういうつながりが続いている事を考えると、就活で得られたものってでかいなと実感。
今日の面子は、前に説明会で同席した九州の学生とその友達の3人。九州の学生と、その友達も就活で知り合ったらしい。半年前には全く知らなかった3人の人間が就活を通じて今日渋谷で一緒に酒を飲んでいるってのはなんとも面白い。
んで、こんな風に出会った人間ってのは中身も似てるのかもしれない。ワークスとワタミで迷ってるって言ったら、その彼もワークスインターン組だって。ウケル!世の中ちっちぇ。
ワークスでパスとってるだけあって彼も面白人間で、旅先で海外のおっちゃんと仲良くなるとか、廃屋に泊まるとか、一枚上手だわ。しかも髭をそるために廃屋に落ちてた錆びた髭剃りを必死に磨いで使ったなんて、すげえクリエイティブ!
彼は迷った末にワークスには行かない決心をしたらしいけど、彼みたいな面白人間がうようよするようなワークスってやっぱいい。鉄は熱いうちにって言うけど、切磋琢磨できるようなびっくり人間を周囲においておくことが自分の枠を広げるために何よりも大事だよなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

速読

みなさーん、速読してますかー?
速く読むと書くあのソクドクです。うさんくさそうじゃーん!なんて思ってる人も多いんだろうけど、僕もその一人でした。基本的に本屋で配ってるチラシにのってる類のものってうさんくさそう。身長が伸びるとか、記憶力がよくなるとか。あ、僕の場合は結婚相談所のチラシが入ってると少しへこんだりもします。

でもなぁ、すごい速さで本が読めたらこれからの人生でのアドバンテージになるんだろうなぁ、と思って、すこし勉強してみることにしました。そこでひと晩5冊の本が速読できる方法(著:橘 遵)を読んでみることに。
怪しげなことが書いてあるかと思いきや、脳や眼球の働きにもとづいた速読法の説明がなされていて、これは使えそうだと思わされます。通常、言語をつかさどっているのは左脳なんだけれど、速読をするときには右脳が肝心らしいです。
例えば、本を速く読むには文字を音声化しないで単語をそのまま映像として捉え、その単語から直接的に意味を引き出すことが必要である、とか。このときに右脳を使うらしいです。
他にも眼で捉える単語を増やすために視野を広げるようにしたり、高速で眼球を動かしたりとか。簡単に言うと、たくさんの単語を高速でインプットして、インプットした単語が持つ意味を高速で脳内から引き出すことにより高速で情報を取り入れることを速読というそうです。

なるほどー、って思うでしょ。普段の生活で左脳しか使ってないであろう僕には厳しい道のりになりそうだけど、やってみましたよ。どりゃーって文字の上を滑らせるように見てみました。日経ビジネスがたまってたからそれをバラバラっと。とにかく眼に入る単語をかろうじて認識できるぐらいのスピードで。
おー、なんか速く読めてるかも!すごいすごい!意味も少しだけはわかるぞ。でも眼が疲れるわー。
練習したらもっと出来るようになりそう。普通の人は1分で600字ぐらいのスピードだそうだけど、10000文字ぐらいいけちゃうようになったりすることも出来るみたいなので頑張ってみようかな。

いやぁ、いいね。これは先行き明るいぞ、って思って、そのあとまた研究室で研究をしていたら、なんだか頭がくらくら。ちょっと吐きそう。車酔いみたい。かなり負担がかかったんだろうねぇ。なれないことをするとつらいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

家族で晩御飯

食べてきました。両親が知人の結婚式のために上京していて、せっかくだからってことで。両親と兄と僕で。最初に駅で待ち合わせをしていたんだけれど、久しぶりにみた両親はかなり年をとっていたのに軽くショックを受け、人生って短いんだなぁと改めて実感。

今日行った店の場所は飯田橋。飯田橋駅出口(理科大側)から神楽坂を上っていってかなり奥の方にある鮨屋でした。
スシだー!!スーパーの残り物で半額になったおすしとは訳が違うぜ!普段は研究室からの帰り道によるスーパーで50%引きのシールを確認して買い物かごに入れる僕としては久方ぶりの本格的な鮨。しかもおまかせとか言ってんの。財布大丈夫か?
カウンターに座っていると小鉢にのっかったえびの頭の素揚げやらかつおのたたきやら魚介類が出てくるわけですよ。高めの店にありがちな"ちょびちょび出てくる系"なもんだからちびりちびりと食べてたら、そこで別のお客さん4人組が入ってきたんですよ。そのうちの一人がなんと"櫻井よしこ"さん。ウチの親父が、"あ、櫻井さん"って言ったらちゃんと挨拶もしてくれて。上品な人です。
それまで談笑していた僕の家族もしばし沈黙。みんながびっくりしてるのが手に取るように感じられました。

あ、それはそうと今日の夕方にワタミから内定の電話をもらいました。が、電波状況が悪くて途中で切れるわ、何度も聞きなおすわで、喜ぶタイミングを逸してしまいました。"はぁ、ありがとうございます"みたいな。
んで、今日の晩飯の話題にも当然上がるわけですよ、お前はどこに就職するんだと。いやぁ、ワタミの評価は最低でしたねぇ。あんなとこ行かないでよ、ってあんた、息子が一生懸命考えて選んだ企業をあんなとこって…。まぁ、そんなもんか。大学院まで行かせた息子を居酒屋チェーンの店長にするのは納得いかないんだねぇ。なんというか、うちの家族も大企業に行けば幸せになれると思っている人達と同じく、昔の価値観を持った人なんだなぁって言うことに気づかされ少し凹む。
ま、世間一般の評価はそんなもんですよね。

就職先については少し時間をとって考えようかなと思ってます。
あ、鮨はめっちゃうまかったっす!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やる気の木

今日はちょっとやる気が欠けてました。ホントだめだよなぁ。モチベーションを高く保つための要素が欠けてるのかな。ってか、ぶっちゃけ研究あんまり好きじゃないみたいっす。重箱の隅をつつくような研究ばかりで面白みがない事もあるし、勉強が足りていなくて面白さがわからないこともあるだろうし。先輩に"何で研究してるのかがわからないっすよ"なんて愚痴を言ってしまいました。僕の研究は何かの役にたってるのかな、って思って。そんなコト言っても仕方がないのはわかってるのになぁ。甘ったれですわ。
このまえ先輩に"ドクターに来なよぉ"なんていわれてんだけど(もちろん冗談でだろうけど)、滅相もないっす。僕無理っす!

でも、どうせやる研究ならきちっとした気持ちでやりたいし、自分の成長のためになるように時間を費やしたい。なにせ、人生は短いっすから!なんて思いながら経済学部の経営関連の授業カリキュラムをちらちら覗き見してはこれ面白そう、って思ってる僕はダメダメです。いや、でもホントに面白そうなんだって。ヒューマンリソースマネジメントだったかな?人的資源の管理についての授業があって、これ勉強すると社長になった時に役立ちそうじゃん?
森ビルが社会人のために"アーク都市塾"っていう勉強会を主催していて、経営やら不動産投資についての講義を提供してくれるんだけど、1講座の料金がハンパないのよ!1講座で30万円ぐらいするんよ。僕の通ってる大学の半年分の学費よりたぶん高い。だから、学部の授業で勉強したら安く済むかなぁ、なんて。

最近料理なんかしたりと、わがままに出来ることをしてしまっていて、そうなるとそっちの楽しさに逃げてしまうきらいがあるなぁ。そうだよ、単なる逃げだよ。逃げてる人間には結局何も手に入らないよ、きっと。
明日は頑張るかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワタミのめんせつ

ワタミの面接に行ってきました。集団面接ばかり何度も何度も多いなぁ、と思っていたところだったから問いただしてしまおうと思っていたけれど、今日は念願の個人面接。今までの面接がさらっと表面的だったのに対して今日はガッツリ濃厚な面接でした。内容はありがちな質問と回答の繰り返しじゃなくて、僕が最近思っていることの話をきっかけに話し合いをしていただけ。この会社おもしろい!
最初に僕が就活の勉強会の話をして、そこでインターンシップの斡旋を通じて就職活動の採用プロセスのあり方を変えていきたい、って言う話をしたら、そもそも日本のインターンシップっておかしくないか?なんてことになり、リクナビをぶっ倒しちまえばいい、って話にもなったり。結局は日本人の持ってる"与えられることに慣れている姿勢"を何とかしないとどうしようもないってことに落ち着きました。そうなると、インターンシップの場を用意するってのも考えものだよなぁ。でも、1時間弱の面接の中にこの気づきが得られたことはデカイっすわ。ってか、そんな話ができるワタミの社員っていいね。
何でこんな採用形式をとっているのかっていうと、僕がどんな人間かということを知るにはこれが良いんだとさ。いろいろ考えて採用してるんだろうな。
今日の面接が最後の面接だったそうで、結果は1週間以内。僕の就活もあと少しで終わりになりそうですわ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

踊る…

今日は映画を見に行ってきました。超久しぶり。
交渉人真下正義」です。あの踊る大捜査線の真下警部が主演の映画なんです。

東京の地下鉄網を舞台とした事件で、犯人に最新鋭列車をのっとられて引っ掻き回されてしまうのをどう解決していくかって言う話です。交渉人なんだから、真下君ががんがん交渉して、がんがん解決していくのかというと、そういうわけでもなく。まぁ真下君がそんな風にバリバリやってるシーンなんて想像できないからしっくりはくるけど。
個人的には踊る系の話は好きだし、この作品も十分面白いと思えるレベルだと思います。

今回は真下君が主役だったけど、今年の夏には室井管理官が主役の作品もできるらしいです。室井さん好きとしてはかなり期待!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バイト

しなきゃなー。就活がかなりお金をもって行くので今はもうすっからかんです。オススメのアルバイトあれば教えてください、ってか雇って(笑)
…まぁそうも言ってられないので、登録制のバイトを始めることにしました。アイラインって聞いたことあります?♪昨日までアウト!明日からアイ!ってCMでやってたあのアイラインです。で、登録制のバイトだから登録会に行かなきゃならんわけですよ。渋谷まで行ってきました。
渋谷若っ!人が黒っ!スカート短っ!
渋谷なんてもう行けませんよ。それを今日実感しました。前のバイト先の店長もそんなことを言っていたけど僕もそんな年になったってことですわ。

まぁそれはおいといて、登録会場に行くと、会場ちっちゃい!ってか事務所の一角です。そこで書類を書いて、規約等を教えるビデオを見て、チョイ面接して終了。ありゃ、おしまい?ってくらいでした。
登録のバイトって働くときに結構めんどくさいって知ってた?勤務当日は家を出るときと、勤務先についた時、仕事を終えた時それぞれ電話しなきゃならんし、勤務が終わったら書類を提出しに新宿まで出向かないといけないし。
登録を終えて、研究室に戻って作業をしていると電話が。早速仕事の依頼が。明日出来ませんか?って。
早っ!でも無理!
いやー、いろいろな場所で働けそうだなぁ。楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上野に行ってきました。

僕は就活の学生団体(neXtwork)の運営に携わってるのですが、今日は午前中はその会議がありました。いろんな大学の人で構成されている団体なので、普段の生活と違って面白くてかなり好きな場所です。そろそろ運営委員のみんな内定も揃ってきてるようです。さすが!
会議の内容は団体の理念をどうしようかとか、飲み会の企画だったりとかそんなところをやっております。学生の団体なので時間も取れない中ですがコツコツやってます。

会議は10時からラクーアのそばの中大のキャンパスでやったんだけど、会議はお昼ごろに終わって、でもそのまま帰るのもなんだか興ざめだしどうしよう。

そうだ美術館へ行こう。

とまあ思ったは良いけど、どこに美術館があるかもよくわからず。運営委員の友達に聞いてみたところ上野が良いらしい。なるほど、いってみよう。
実を言うと上京して早6年目ですが、上野は初めてなんです。上野って動物園しかないと思っていたけど、いい美術館があるんですね。いろいろあったけど今日は国立西洋美術館に行くことにしました。なんだかめずらしそうな企画展(ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展)がやっていたし。

いやぁいいところでしたよ。企画展と常設展込みでも学生なら1000円しないし、作品数もハンパないし。おかげで2時間以上もぷらぷらとしたし。ちょっと心にいい休日をすごしたいのであればオススメです。すごく混んでいたけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

マスコミを斬る(JR西日本列車事故を通じて)

JR西日本の事故は残念なことになってしまいました。100人以上の方が亡くなってしまうということを現実感を持って想像することが出来ないけれど、画面越しに見る遺族の方の姿を見て事の重大さに辛くなったりします。
70キロ制限のカーブを凄い速さで通過していたことだとか、その原因として伊丹駅でオーバーランしたことや次の駅での乗換えをスムーズに済ませるためには遅れを取り戻さなければならないことなどが明らかになってくると、運行ダイヤに問題があったんだろうなぁ、なんて思ったりもします。原因が早くわかればいいなと思います。

ただ、最近のマスコミの報道は軸がずれているような気がしてならないのは僕だけでしょうか?事故のあった日にボーリングの親睦会をしていただの、ゴルフコンペをしていただの、そんなことを報道してどんな意味があるのかが良くわからない。しかも鬼の首を取ったかのような勢いで。挙句の果てには、別の電車が扉の開閉を右と左で間違えたことまでもがニュースになっていました。
バッシングするための口実だったら何でもいいと思って放送しているような気がしてなりません。しかもこの類のニュースの後に聞かれる典型的なコメント「JRの組織は…」なんて薄っぺらなコメントはホントどうでもいいんです。

ニッポン放送の件では買収から自己を擁護するためにマスコミの公共性を叫んでいましたが、その公共性を抱えたマスコミが今しなければならないことは、

①どんな理由で事故が起こったのかを明らかにして
②再び事故が起こらないようにどのように組織に改善を加えていくかを議論し
③改善への機運を高めていくこと。

だと思うんですよ。外野から被害者を煽るような真似ではないんですよ。だからこそ軸がずれていると思うのです。マスコミがJRをホントに変えていかなきゃと思うなら、JRの組織改善案でも出してみろ、それ持って改善のために署名活動の一つでもして見せろ、ってもんです。それをするための十分すぎる力を持っているのだから。

そもそもマスコミはいつも軸がずれていると思うんですよ。ライブドアの買収劇に関しても、やりようによってはあの機会を利用して、資本主義とは何か、株式会社とは何か、株とは何か、といった、この社会を生きていくうえで重要なことを私たちがきちんと考えるきっかけに成りえたと思うのに、結局はフジ女子アナが堀江と鍋パーティーをしたとか、堀江が「想定の範囲内です」って何回言ったか、とかそんなことばっかり。はっきり言ってどうでもいいです!

しかも、マスコミは身内の不祥事にはとことん甘いし。今日のあさのワイドショーで、写真週刊誌「フラッシュ」の契約社員の記者とカメラマンの2人が、取材目的で住宅の敷地内に、無断で立ち入り逮捕されていたことを報じていたのですが、それについてのコメンテーターの一言は”逮捕なんてやりすぎじゃないですかね~”だって。直前までJRのゴルフコンペを道徳的に断じていた人間が。笑っちゃいました。
新潟の大地震が起こったときにも無神経にマイクを突きつけている姿を目にしたり、マスコミの人間が孤立地区に入り込んで帰れなくなったところを自衛隊ヘリに救助させたり、マスコミの人間がボランティアを装って被災者に取材をしたり。真っ当な人間なら絶対にしないことばかりだと思いませんか?

北朝鮮や中国で生きる方たちが政府に情報を操作されて思い違いをしてしまっていることを見ておかしなことだと思ってる私たちこそ、こんな日本のマスコミの報道を鵜呑みにして”右へならえ”にならないようにするべきなのではと強く思うのです。
JRの事故にしろ、新潟の大地震にしろ、被害状況を知り私たちが何とかしたいと思うきっかけを与えていることを考えると、マスコミが社会において重要な役割を担っていることも事実。だからこそ、マスコミはその役割の意味をよく考えて報道してもらいたいし、情報を受けとる私たちも常に正しい情報を求める姿勢が必要だと思います。

僕たち一般人の考えが乗っかったブログが束になって一つのメディアとして認知されるようになれば、将来的にはマスコミが間違った方向に進まないように監査する立場になることができるのでは、なんて思ったりしながら書いています。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

ハハノヒ

世間はまだGWなんだなぁ。今日のお昼に寄った板橋の方にあるロイヤルホストがGW期間中だからって日替わりランチを休んでた。今年はGWを体感する日がほとんどなかったからうっかりしてたけど、世間はのんびりやってるんだなぁ。
どうしてわざわざ板橋まで行って昼飯を食ってるかというと、板場にある旭化成の実験住宅で実測の片づけをしていたからなんだけど。温度計測用の熱電対っていう紐みたいなものを撤去するだけなのですぐに済むと思っていたけど、百本近い熱電対が絡まりあっているのを延々とほどきホドキほどきホドキ…。実験住宅だから中が汚れててホコリまみれになって手を真っ黒にして作業をしてました。
結局朝の10時から初めて16時前に終了。ホントは13時30分から登録バイトの登録会があったんだけどそっちはキャンセル。しばらくお金のない生活が続きそうです。

昨日は寝るのが遅かったからすんごい疲れたー。でも疲れているわけにもいかず、その足で新宿の東急ハンズへ向かいました。というのも母の日のプレゼントを買うためです。普段実家に寄り付かない親不孝ものなので、年に一回ぐらいは何かしてやらないとねぇ。
何を買おうか迷っていたら、一緒に片付けをした後輩の女の子が模型材料をハンズに買いに行くらしく、それに便乗してプレゼント選びを一緒に付き合ってもらっちゃうことにしました。これはいい決断だったなぁ。やっぱり女の子の方がプレゼントとか気が利くから、僕が思いつかないアドバイスをいろいろくれたし。協議の結果、最終的にコーヒー関係のものを買おうってことになってハンズの3階をうろうろしたけど、行ってみるとおもしろいものがチラホラ。竹製の器がセットになった水割りセットやビールを自分で作るキットとか面白そう!他にも調味料とかハンドミキサーとか個人的に欲しいものがたくさんあってハンズ丸ごと欲しくなりました(笑)ハンズの品物って何か新しく始めたくなるものが多いような気がする。
結局、手動のコーヒーミルを買って送ることにしました。たしか実家にはなかったと思うし、デザインが古めかしくてよかったから。安かったし。あ、ハンズってコーヒー豆売ってないの知ってた?一緒に買って送ろうと思ったんだけどなくてびっくり。ないものがないぐらいの品揃えじゃん?なのにコーヒー豆かよ、って。

いやー、後輩ちゃんには感謝感謝。一人で行くよりもいいものが買えたと思います。一緒に見て回るのも楽しかったし。明日はお礼にケーキでも持って行かなきゃなー。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

金持ち店長貧乏店長

実は僕がブログを書くときに使ってるココログでは、どんな検索フレーズを使ってこのページに来たのかがわかっちゃうんです。ちょっと怖いけれど。エッチなフレーズで検索してるあなた!管理者にはばれちゃってるかもよ(笑)

で、それを見るとその人が何を考えて何を欲しているのかが結構わかります。
最近は就職関連のフレーズが多くてみんな悩みどころなんだなー、って思います。その中でもチョコチョコと"給料"だとか”高給”だとかそんなフレーズを目にします。やっぱり就職において給料を大事に思っている人っていうのは多いんだなと実感。僕もその気持ちはわかります。
ただ、ロバート・キヨサキの"金持ち父さん貧乏父さん"では逆のことが書いてありました。

「お金のために働くな!」

金持ち父さんがなぜそんなことを?なんて思うかもしれません。
どういうことかというと、会社にもたらされる目の前のにんじん(給料)を楽しみに働くのではなく、将来を見据えて自分の能力を開発することを念頭において働け、って。そしてそれが出来れば後からいくらでも稼げるから、って。
僕もこの考え方には賛成していて、就職活動での会社選びの軸にしています。
この著者は、大学院で博士号を取得した後に一流海運会社で働き、その後は当時苦手だった営業力を鍛えようという魂胆でゼロックスの営業マンとしてコピー機を売って歩いたそうです。一般的な常識をもつ彼の父親は一流企業から営業マンへの転職に大反対だったそうだけど、自分の中に確固たる信念があるから、どこ吹く風。はたから見るとおかしな転職も彼の中では完結しているものだったんですね。その後どうなったかは現在の彼を見ればわかります。

僕もワタミの選考を受けているってことを話すと、訝しげに見られることがよくあって。大学院卒で居酒屋店長かよ、って。でも、起業するっていう将来の目標を実現するためには、たとえ居酒屋っていう小さな領域でも一番責任ある立場に立つ経験は活きると思うんです。ヒト・モノ・カネを動かす経験です。
でも、批判にさらされて自信なくしそうなときには上に書いたようなロバートさんのエピソードが頭をよぎります。で、頑張ろうって思える。まだどうするかは決めていないけど。

いい本だと思います。資本主義社会の仕組みを理解して、その中を主体的な戦略を持って生き抜くための指標になりうる本です。
是非ご一読をぉぉぉ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アジアンビーム!

元モーニング娘矢口が出しそうなビームですね。
今日はアビームにいってきました。(アジアンビーム→アビーム)説明会兼一次選考会。いまさらかよ!申し込んだのが3月だったのに実際の説明会が5月だと気持ちなえちゃって。うっかりすると忘れちゃっててもおかしくないよ。だって就活中の1ヶ月間っていろいろ考えるじゃん。気持ちも変わってしまうこともあるし。

説明会会場が溜池山王の全日空ホテルだったので、少し早めに家を出て六本木ヒルズの美術館を見ていこうと思っていたんだけど、到着してみたら1時間ぐらいしか余裕がなくてゆっくり見るには微妙な時間。入場料も安くないのでまた今度行くことにしました。

仕方ないから全日空ホテルに向かいがてらアークヒルズまで歩くことに。アークヒルズの裏手にパティスリーキハチがあったはずだからそこでのんびりしよう。と思ったのに、12時過ぎごろの到着だったから満席。はぁー、がっくし。うまくいかないなぁ。しょうがないからアークヒルズ内のオープンテラスでランチなり。
やっぱりこのあたりは食の単価が高いね。インターンシップで来てたときも1食1000円だったし今日のランチもそんな感じ。六本木暮らしは大変だ。

選考会の結果はどうでしょう?小論文だったけど、可もなく不可もなく。テーマが「アビームの強みとは」と「あなたが仕事を選ぶときの基準」。強みなんて説明会聞いてりゃ誰でもかけるし、仕事選びの基準も持ってない方がおかしいだろうし、差がつくのかねぇ。受かってると良いけど。

今日の選考会では就活の勉強会つながりの友達がいたので、帰り道は就活話をしながら帰りました。就職活動だったら結構話すネタがあるんだよね。やっぱり時間と気持ちを注いで本気になってやったことからは感じることや得られることも多いから自然とそうなるんだろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

怠け心

物事を成し遂げるときに一番の障害になりますよね、これ。にもかかわらず"克服しなきゃならんものトップテン"に毎年ランキングされてます。自分に厳しくするって何よりも大変だなぁと思うわけですよ。

世の中はGWだと浮かれていますが、やらなきゃならないことがたくさんあるので休んでいるわけにもいかないんだけれども、どうにもこうにも怠け心の自己主張がたまらんとです。研究しなきゃならないけど、GWの雰囲気にのまれてなんとなーくのんびりしてしまうわけです。
研究するほど気持ちが充実していないけれど、全くもって怠け倒すこともできない小心者なので、とりあえずためになりそうな本を読んでます。何を読んでいるかというと、ひとむかし前に流行った"金持ち父さん貧乏父さん"(ロバート・キヨサキ著)を今更ながら読んでます。読んでて思うことは、やっぱり怠け心はいかんっていうこと。

お金持ちになることをその方法を考えもせずにあきらめるのはいかん!
たとえ考え付いても、そこに横たわるちょっとした障害を乗り越える方法を考えずにあきらめるのはいかん!
忙しいのを言い訳にしてはいかん!
思いついたらやってみないといかん!

こんなことを言われているようでした。
もちろん他にもお金の本質にまつわるいい話が書いてありますよ。お金を働かせてお金を稼げ!(お金がお金をうむ)なんてことは、労働可能な時間が有限な僕たちが大金を蓄えるためには必須の考え方だと思うし、その考えに基づいた投資の必要性なんてことも資本主義社会の本質を突いています。
でもそれ以上に、自分の頭で解決策を考えて動き出すことの大切さはお金を稼ぐ局面だけでなく、何を実現するにも必要不可欠であり、ぜひとも手にしていきたいものです。そのためには強烈な目的意識と、失敗することを恐れない気持ちを持て、とも書いてあります。なるほど確かに、怠け心の撃退には目的意識が特効薬だ。誰かにやらされているのではなく、自分の将来の目標のために必要な努力だと思えば俄然やる気も出る。

結局のところは、自分の将来を満たしていく上で必要なことだけやるのが一番なのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »